1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

同じ状態なのに臭い・・・気温や湿度が高くなると臭いに敏感になるワケとは

環境は全く同じなのに、この季節(6月)頃になると、部屋が異様に臭く感じてしまう・・・ということありませんか?このように気温や湿度が上昇することにより臭いを強く感じるワケについてまとめます。

更新日: 2014年06月10日

95 お気に入り 66500 view
お気に入り追加

□湿度や気温が高くなると臭いに敏感になる

温度や湿度が高くなると臭いに対して敏感になります。

@etosha0824 こんにちは。 様々なものの臭い。。辛いですね(T_T) 私もここ最近やたらと敏感です。湿度が影響するのかな、と考えたり。 職場に柔軟剤ヘビーユーザーがいて、彼女が通過したところで滞留しています。今の時代、みんな色んな物を引っ付けてますね。

湿度が高くなると、電車の中の不快な臭いが増えてつらい

ただでさえ湿度高くて不快なのに,その上臭いとか何なんですかねぇ

ちょ、、湿度高すぎて地元駅が生乾きの雑巾の臭いする(^.^)

□湿度が高いと何で臭く感じるの?

なぜ、臭いを強く感じるのでしょうか。

ニオイを感じる鼻の嗅粘膜は適度な湿度が必要。湿度が高いとニオイを感じやすくなります。

鼻自体の感度が上昇します。

また、“犬の鼻先はいつも湿っている”といわれているように、鼻にある嗅覚組織の方にも適度な湿気が必要です。日本と欧米とでは、同じ香水でも香りに差があったり、比較的日本人が匂いに敏感だといわれるのは、湿度の高い日本の気候風土にも関係があるといわれている

湿度が高いと、空間中と壁などの固体内の濃度を同じにしようとする力が働きます(水との親和性が高くなる)。水分子が壁やカーテンなどに染み付いたニオイ分子を追い出すため、壁などからニオイ分子が浮き出てきます。

水分が付着すると、代わりに臭い分子が空気中に発散されます。

□バクテリアの腐敗やカビが増えるのも原因に

湿度が高いとバクテリアやカビが増えやすくなり、それが強い臭気を生み出します。

台所の悪臭や水まわりのヌルヌル、その原因は空気中を浮遊する細菌(バクテリア)。生ゴミや汗・垢などの有機物を分解して増殖し、その際に悪臭を発生します

気温・湿度が上がるにつれ繁殖力も高まるため、梅雨時や夏はとくに気になるようになります。

梅雨から夏にかけては気温も高いので、湿度が60%を越えるとカビの繁殖スピードが速まります。

住まいの臭いは徐々に慣れてしまうもの。普段は平気なのに外から戻ったとたん違和感が…という場合もあります。つまり、外から来るお客様には臭いがそのまま伝わるわけです

□更に、以上に加え「気温の上昇」も追い打ちをかける

湿度に加えて、温度の上昇も臭いの発生を高めてしまいます。

夏になり気温が上昇すると、室内全体の空気が対流しやすくなるため、ニオイが拡散しやすくなります。

気温が低くなると匂いを感じにくくなるといわれています。それはどうしてでしょう。まず、気温が低いと、匂いを持つ物質から匂い分子が揮発しにくくなり、嗅覚粘膜に到着する分子の絶対量も少なくなるので、匂いが弱く感じられる

□しかも、体からの臭いも増えてくる

ジメジメした梅雨に、汗の量が増える夏。これからの季節気になるのが「体のニオイ」。体臭は「自分では気付くにくい」「油断するとすぐに臭う」のが大きな悩み

□ペットの臭いも強烈に

愛するペット達ですが、今の時期だけは本当に臭いがきつくて困ります。

ペットのニオイには、大きく分けて、「体臭」と「トイレのニオイ」があります。特に気温や湿度の高い梅雨時などは、ニオイが強くなります

これは、この時期にニオイを作る微生物の活動が活発になるためです。微生物は気温25〜35℃、湿度70%以上になると活動が活発になり、急激に増殖します

夏や梅雨時はこの条件が整うため、他の季節よりもニオイが強烈になるのです。雨の日は、窓を閉め切って空気がよどんでいるため、嫌なニオイがより強烈に感じられます。

今日から「梅雨入り」。ペットと暮らしていると梅雨と悪臭に関する関係は切り離せません。梅雨時期の臭い対策は3つあります。1)室内のエアコンを除湿モードで一定の湿度に保つ事2)消臭スプレーを使う3)ペットの身体を洗ったり臭わないように通常よりも、マメにお手入れする。試してみて下さい。

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう