1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ビジネス文書で間違えたら恥ずかしい!?「ください」と「下さい」の違いとは?

ひらがなで書くべきかカタカナで書くべきかービジネスメールをはじめとするビジネス文章で意外と誤用が多いとされる「ください」と「下さい」の違いと区別の仕方について見てみましょう。使い分ければ、あなたのビジネススキルがちょっぴり向上するかもしれません。

更新日: 2016年02月12日

springspringさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1148 お気に入り 153462 view
お気に入り追加

-「ください」なのか「下さい」なのか

平仮名で「ください」と書くと幼稚くさいので、全部「下さい」と変換していました

「ください」と「下さい」の使い分けは、一般的な国語辞典には書かれていないが、ビジネス文書や公用文の表記では、意識して行うことがある

というわけで、「ください」と「下さい」の違いと使い分け方について見てみましょう。

-相手に動作をお願いする場合(Pleaseの意味)は《ひらがな》の「ください」

「取扱説明書をお読み下さい」「スパイウェアにご注意下さい」という表現は本来誤用。

「お飲みください」といった、動作につく補助動詞の場合は「ください」とひらがな書きにする。

他の人に動作を依頼するときは《ひらがな》で「(~して)ください」となる

動作をする人に対して敬意を表現することにもなる。

▽「ください」を使う例

〇 取扱説明書を"お読み"ください

「取扱説明書をお読み下さい」は×

〇 "話しかけないで"ください

-自分が何かを欲しい場合は《漢字》の「下さい」

「下さい」は動詞(「くれ」の尊敬・丁寧表現)。本動詞として尊敬・丁寧を表現する。

「(物)をもらう」という意味の場合は「下さい」

※Give meの意味の場合は漢字で「下さい」。

▽「下さい」を使う例

〇 不用になった"古新聞を"下さい

〇 "手紙を"下さい

〇 "第二ボタンを"下さい

-ビジネス文書で「ください」と「下さい」の区別をつけていない人は意外と多い

『(~して)ください』という助動詞になる場合は平仮名で表し、「下さい」と漢字で書くのは誤用! 俺ずっと間違えて使ってたよ…。

ビジネス文書では「下さい」と「ください」、どちらが正しいの?という話しに。正しい、という訳ではないらしいが、新聞等では動詞なのか補助動詞なのかで使い分けているらしいのでそれに合わせるとスマートなのかも。……久々に聞いたぜ、補助動詞……(gala)

-というわけで

1 2







  • 話題の動画をまとめよう