1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ゾクッとくるその迫力!大きな『サメ』が魅力的な水族館(ジンベエザメ・シロワニ)

成長すると全長約12mにもおよぶ大きさになる『ジンベエザメ』その巨体が悠々と大水槽を泳ぎ回る姿は圧巻です。そして怖い顔で迫力あるシロワニ。それら、目の前を悠然と泳ぐ姿に魅せられるサメに会える全国の水族館をまとめました

更新日: 2014年06月29日

yuka101さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
489 お気に入り 202896 view
お気に入り追加

その迫力に魅了される!大きなサメがいる全国の水族館

とっても大きなジンベエザメに、顔がすごく怖いけど意外と大人しい?シロワニ。これらのサメがいる全国の水族館をまとめてみました。
前半がジンベエザメ、後半部分にシロワニのいる水族館を紹介しています。
なお、実際に訪れた方の口コミも紹介してありますのでご参照ください。

シロワニがいる水族館は後半部分で紹介しています

大迫力!ジンベエザメがいる水族館

『成長すると10-12mになる魚類の中の最大種。世界の熱帯から亜熱帯の表層に生息する。当館に寄せられる沖縄本島での確認情報は5-6月頃が多い。模様が夏着の甚平に似ていることからジンベエと名付けられたとされている。大きな身体をしているが動物プランクトン等の小さい餌しか食べない極めて穏和なサメで、ダイバーが近づいても逃げようとしない』沖縄美ら海水族館http://oki-churaumi.jp/book/board?id=510より引用

◀▶◀*沖縄美ら海水族館:沖縄県(ジンベエザメといえばここ!)

『正面の巨大アクリルパネルを始め、「アクアルーム」など多方向から観覧できる容量7,500m³の大水槽です。大水槽を正面から眺めることのできる専用のシートもあります。ここでしか見ることのできないジンベエザメとナンヨウマンタたちの群泳をお楽しみください。』詳しくは↓
http://oki-churaumi.jp/area/kuroshio.html

本来大きいはずのマンタがジンベイザメの近くで見ると小さく見えてしまうのが不思議です。

頭上を泳ぐジンベエザメを見ることができるアクアルームも

『「アクアルーム」の天井はアクリルパネルなので、下から上を眺める感じで見学ができます。まるで、海の中の特等席。ジンベエザメやナンヨウマンタが泳ぐ姿を、下から正面から、さまざまなアングルで眺めることができます。海底にいるような、ゆったりした気分が味わえます』詳しくはこちら
http://oki-churaumi.jp/area/aqua-room.html

一番の見所は、巨大水槽。中でも、トンネルの下の空間は、癒されるので何時間でも見ていたくなります。夕方になると人も少なくなってくるので、ゆっくり座ることもできます。
時折、ジンベイザメが近くを泳ぐと、通る人も座っている人も注目します

側面、下から見たあとは上からも!大水槽を上からのぞける!?

『「黒潮の海」大水槽の魚の生態を水面上から自由に観覧できる人気プログラム「黒潮探検」です。黒潮探検では、スタッフによる解説も行われております。黒潮探検へは、1Fジンベエ・マンタコーナーより専用エレベーターをご利用下さい』詳しくはこちら↓
http://oki-churaumi.jp/program/aquarium.html#j05

ここのメインの黒潮の海、これを水面上から観察できる「黒潮探険水上観覧コース」今回は時間ぎりぎりでまにあって、体験することができました。水面上に歩道もありジンベイザメも大迫力。
上から見る水槽は雰囲気が違います。その他の水槽も眺めることができ、鮫の水槽もありましたよ。

さらにジンベエザメを見ながら優雅に食事もできる

『ジンベエザメやナンヨウマンタなどの魚たちが悠々と泳ぐ「黒潮の海」大水槽を眺めながら、くつろぎのひとときをお過ごしください』
詳しくはhttp://oki-churaumi.jp/area/ocean-blue.html

来たからにはジンベエザメのエサやりも見逃せない!

『「黒潮の海」の大水槽前では、1日4回の水槽解説がありビデオ映像を交えて紹介しています。15時と17時には、ジンベエザメの給餌解説があります』
詳しくはhttp://oki-churaumi.jp/program/aquarium.html#j05

ジンベイザメは本当に大きかった。優雅に泳いでる姿にはうっとりと見入ってしまい、時間を忘れてしまうくらいです。餌やりも時間に合わせて見れるとすごい迫力なので、見て下さい!

ちょうど3時からのジンベイザメの餌付けに間に合いました。ラッキー!水面にアミエビなどを撒くと、垂直になって水面の水もろともに吸い込む様子が圧巻です

そしてこんな裏ワザ?的な場所も

『沿岸から外洋まで、沖縄の美ら海(美しい海)にすむさまざまな生き物たちの生態や、沖縄の人々と海との関わりを、ハイビジョン映像で紹介しています。
所要時間約20分間』詳しくはこちら↓
http://oki-churaumi.jp/program/aquarium.html#j05

『上映まではまだだいぶ時間があるみたいですが、よく見ると入口が開きっぱなしですね。おや、入口には何やらポスターが貼ってありますよ。
「只今、ご自由に出入りできます」
って、上映していないシアターへ入ってもしょうがないのでは・・・
おっと!こんな所に水槽の観覧面が。よく見れば、ジンベエザメやマンタが泳いでいます』
http://oki-churaumi.jp/info/blogs/archives/date/2008/11/16より引用

シアターが上映していない時は、幕の後ろにジンベイザメのいる大きな水槽があるので、ジンベイザメやマンタが泳ぐ姿をまじかで見れました!順路通りに進んでも見れますが、シアターは2階にあり、ジンベイザメやマンタは結構上の方を泳ぐので、目の前で見ることができました

1 2 3 4 5





yuka101さん

美術館、水族館、プラネタリウム、旅行のおすすめ情報を主にまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう