1. まとめトップ

マンションを購入する為の手順!!!

マンションを購入すると決めたものの、何から始めたらいいのか分からない事が沢山ありますよね!

更新日: 2014年06月17日

3 お気に入り 2911 view
お気に入り追加

はやく独身貴族こじらせてマンションとペット買いたい

@shiriHIP 将来2人で住むマンション買いたいからお金くれないかとか言いそうな騙り

一億円空から降ってこねぇかな マンション買いたい

マンションを買いたいと思っても何をして良いのか分からないですよね(´・ω・`)

購入の手順!!!

申し込みは先着順が基本。「これ!」と決めたら早めに

購入の申し込みとは、正式にその物件を購入する意思を示す手続き。抽選方式をとる一部の新築物件を除いて、申し込みは先着順が基本となるため、購入を決めたらすぐに動いたほうがよいだろう。仲介の場合は、この申し込みをもって不動産会社の担当者が売主との条件交渉に入ることになる。

抽選方式をとる物件は、登録期間内に登録を

新築マンションのなかには、先着順ではなく、抽選方式で申し込み者を決める物件もある。その場合は、定められた登録期間内に登録を行い、同じ住戸に登録した人がいれば抽選が行われる。抽選に当たれば、申し込みすることができる。

5万~10万円程度の「申込証拠金」が必要な場合も

新築物件などでは、申込時に「申込証拠金」が必要な物件が多い。「買います!」という意思を明確に示すためのお金で、金額は通常5万~10万円程度だが物件によって異なるので確認を。このお金は正式契約の際には、手付金の一部に充当され、契約に至らなかった場合には返却される。支払いの際、その旨を明記した預かり証をもらっておこう。

住宅ローンの事前審査を受けておこう

購入の意思が固まったら、住宅ローンの事前審査を受けておこう。不動産会社の提携ローンを借りる場合は、事前審査を受けるタイミングや必要書類など、すべて不動産会社が教えてくれるが、自分で選んだローンを利用する場合は、金融機関や不動産会社と相談し、早めに審査を受けておくと安心だ。

申し込みがキャンセルになる場合とは

仲介物件の場合は、申し込みしても、売主と条件が合わない場合、売主側からキャンセルされる場合がある。また、住宅ローンの事前審査をクリアできなければ、やはり最終的には申し込みはキャンセルということもありえる。申し込み自体には法的な拘束力はないので、キャンセルの場合もペナルティはなく、申込証拠金も返金されるが、手間もかかる申し込みによって、自分の情報が相手に伝わるので、軽はずみな気持ちでは申し込まないようにしたい。

実際にマンションを購入した人の声

資料請求をして、モデルルームへ。20~30物件は検討しましたね。

まずは、インターネットの不動産サイトを利用して検索。豊洲にあるマンションで、気になった物件の資料請求をして、モデルルームにも足を運びました。「資料請求は30件くらいはしましたね。首都圏のものはほとんど請求したと思います」。実際に見に行ったモデルルームは10件以上。懸命に探していたにも関わらず、なかなか希望の部屋とは出会えなかったといいます。「豊洲エリアは、地価が一気に上がってしまったんですね。良いと思う物件はとんでもなく高くて、手が届く物件は狭かったり、日当たりが悪かったり…。中古も含めて、なんだかんだ豊洲で2~3年は探していました」。

買うなら多少高くても駅から10分以内、できるだけ大規模のマンション(管理費や修繕費の負担が楽)特に郊外のマンションでは絶対!私は周りが下落して苦労している中、16年住んで購入価格の1割も下げずに買い手が殺到致しました。特にいつか売却を予定してる方はくれぐれも安物買いをせぬように・・・

市営住宅に住んでいたときは、ベランダを人が走ったりうるさかったし、うっとうしい人も多かったです。それに、ごみ出しの後の清掃や、草むしりや自治会とか、今はごみ出しもうるさくないし、共用部も掃除をしてくれるし、オートロックなのはいいですね。うちも35年ローンで大変です。

ローンを払い終えました。やったー!という充実感でいっぱいです。o(^0^o)♪これからは今まで出来なかったリフォームを徐々にやって自分の暮らしにあった部屋にしていきたいです。

共用部分(戸建で言うと庭とか門周辺の道路にあたるかな?)や、ゴミ捨て場など、管理人さんが毎日きれいにしているので助かる。同じマンション内の子が同じ小学校に通うので、情報交換しやすいし、子供同士も安心して登下校できる。

購入したからこそ出来るリフォームなど、楽しみも倍増です!!!
しっかりと健闘した上で、マンションの購入をおススメします。

1





sitiyasanmeguriさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう