1. まとめトップ
  2. カラダ

カ、カビで死ぬの...?梅雨時に猛威を振るう"殺人カビ"がこわい

梅雨時になると増えてくるカビですが、最近猛威を振るっているのは人を殺してしまう殺人カビだそう。他人事っぽいですが、アメリカから上陸済みで侮れない。。。

更新日: 2014年06月19日

soloponさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
107 お気に入り 172697 view
お気に入り追加

カビが繁殖するこの時期に..."人を殺すカビ"が出現!?

出典ameblo.jp

またまた〜と思いつつ。。

鼻から肺に入り、そこで増殖し血流に乗って脳に行き届いてしまうため、脳にカビが入ってしまうと最悪の場合死に至ってしまう

脳にまで。。。

殺人カビの恐ろしい点はスーパー耐性菌のため、抗生物質が効かないこと

もとはカナダで原因不明の集団死亡者が発生して、その原因が殺人カビである「クリプトコッカス・ガッティ」だったことが分かった

海外だけじゃない...日本でも感染例があった

2007年に40代の男性が初めて感染しており、検査で脳に5センチほどの"こぶ"が見つかり手術で取り出して調べた結果、このカビが検出された

点滴や飲み薬で1年後に快復したらしい

カナダから輸入された木材についたカビを吸い込んだかもしれないが、既に国内の植物にカビが定着している可能性もある

男性から見つかったカビの遺伝子はカナダのものと同じだったが、男性にカナダへの渡航歴はなかった

今のところ日本では緊急で搬送された人がいるだけで死者は出ていない

なにより恐いのは空気感染しちゃうこと

土や植物に付着して生きるカビで、そこから舞い上がった瞬間に人間が吸い込むことによって感染する可能性がある

気温が高くなると木の抵抗力が落ち、 殺人カビが木々で増殖しやすくなる。そして、木々が切り倒されたりした時などに飛散する

なによりカビで恐ろしいのは空気中に飛んでいくため、空気中に飛んでいる殺人カビを吸って感染してしまうこと

カビを繁殖させない3つのポイント

【換気】
カビの防止には空気の循環が最も効果的。カビの胞子を外に出す意味からも、頻繁に窓を開けて換気したほうが屋内環境は良くなる

【除菌】
カビ防止の前にアルコール除菌スプレーなどで除菌することで、今いるカビを除去することができる

その上で換気などを行うと効果的

【除湿】
殺菌機能がある空気清浄機だが、カビが発生するのは温度と湿度の両方なので除湿機で湿度を下げるのがオススメ

温度にかかわらず、湿度を低い状態に維持できれば露骨なカビ増殖は無い

1





soloponさん



  • 話題の動画をまとめよう