1. まとめトップ
  2. カラダ

眠たいのに眠れない...睡眠を促してくれる5つの食べ物

なかなか眠れない夜ってありますよね。そんな時に睡眠の手助けをしてくれる5つの食べ物をご紹介いたします。

更新日: 2014年06月19日

comcommさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
472 お気に入り 69387 view
お気に入り追加

◆なかなか眠れない時ってありますよね

眠いけど寝たら夜寝れない(。-_-。)ゲオ行くか(。-_-。)

▼睡眠を促してくれる5つの食べ物

1.アーモンド

アーモンドには筋肉の緊張を解きほぐし、眠りを誘うマグネシウムが含まれています。大さじ1杯のアーモンドバターか、約28グラムのアーモンドが目安。

睡眠中の血糖値を安定させて良質な睡眠をもたらすという効果もあります。

快眠にはカルシウムとマグネシウムが必要。アーモンドはカルシウムとマグネシウムを併せ持つ優れた食品

2.お味噌汁

味噌には睡眠ホルモンのメラトニンを分泌させるアミノ酸が含まれています。インスタントのものでもOK

朝の食卓のイメージが強い味噌汁ですが、味噌に含まれるアミノ酸は、快眠ホルモン“メラトニン”の生成を促します。

温かい飲み物は風邪の兆候をやわらげたり、気分がすぐれないときに眠りやすくしたりといった効果もあるそうです。

3.バナナ

このバナナ、実は寝る前にもオススメなんですよ。特に空腹で眠れないときも、バナナです。

バナナは快眠を促す成分の宝庫です。バナナは身体と脳の両方をリラックスさせてくれるのです。

バナナには睡眠ホルモンの生成に必要なトリプトファンも含まれているので、朝だけでなく夜のデザートなどにも応用すれば睡眠問題にも使えます

4.枝豆

枝豆に含まれるイソフラボンという成分は、これは安眠妨害につながる身体のほてりを抑える効果があります。

更年期障害にも効果的だという枝豆は、エストロゲンの分泌を促しほてりを沈静させる効果もあるそうだ。

枝豆2カップと塩少々、オリーブオイル小さじ1杯加えてフードプロセッサーでみじん切りにして食べると効果絶大だという。

5.さくらんぼ

さくらんぼにはメラトニンの生成を助ける物質がふんだんに含まれていることが判明したそうだ。

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう