1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

500万!?「モノノ怪」の薬売りグッズがスゴイ

びっくりしたけど納得のこだわりっぷりだった…!

更新日: 2014年06月19日

リットンさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
667 お気に入り 255776 view
お気に入り追加

驚愕のツイートが話題に…

薬売りーになったーらー♪ 薬売りーになったーらー♪ グッズで一軒家が建つ♪ pic.twitter.com/njczJoXncr

2007年にフジテレビ系列の「ノイタミナ」枠で放送された深夜アニメ「モノノ怪」の主人公、「薬売り」。

着物だけでも帯から高下駄まで一式そろえてお値段なんと…500万円!(声が裏返る)

薬売りさんになるためには最低でも500万は必要ってことなの…しゅごい…

本 当 に 売 ら れ て い た !!

アニメ監督の中村健治さんの作品展が渋谷パルコで開かれた時に、着物一式は500万円で受注発売されたそうです。

これがその展示会の様子。

こんな素っ頓狂な計画が本当にあるとは!しかも生半可な安っぽいグッズではない。それだけモノノ怪は人気があるってことか。

入って最初にお出迎えするのが、値段が話題になったあの『モノノ怪』グッズたち。

もはや民俗資料館みたいなことになってます。

1/1スケール退魔の剣や、1/3スケール薬箱などの展示もありました。値段はかなりの物でしたが…!

1/1スケールの天秤(天然石入り)はお値段3万9千8百円…!

ぜんぶ本格的すぎる

採寸もきっちりやっている!

着物や小物を作るのは、老舗の工房やら染物屋さんやらで、本気に本格的。

薬売りの採寸の様子も展示されていて、帯は立矢結びにたれがあるのでかなり長いということで1尺6寸(4.6m)とのこと。

しかし今となっては幻の一品?

展示されていたのはオレンジの着物

着物の写真も探してみたんですが、完全受注販売500万円なので、まず買った人がいるのかどうか…写真は見つけられなかったです…。

実現させたのは一人の「ファン」!

mixi内『モノノ怪』コミュニティから立ち上がったファンのプロ集団プロジェクト【薬売り具現化計画】として行われました。

和服に精通しているファッションマーケターの女性がアニメに感動し企画、着物の工房が半年間かけて手描きで制作したそうです。

ファンを本気にさせる独特なアニメだった

独特の色彩に和風の色味と演出で、「日本が誇るアニメーション」と言われる程の人気作品。

和紙のテクスチャを多用した美しい映像や、人間の業をテーマとした硬派な作劇は、歴代ノイタミナ作品群の中でも一際異彩を放つ。

OPだけでも独特な世界観が表現されています。

モノノ怪は独特なあの感じ、雰囲気?もすきだし内容もおもしろい。そしてなにより薬売りさんかっこいいきれい。そうきれい。

1





リットンさん

楽しくまとめていきたいです

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう