1. まとめトップ

発売日決定!アマゾンから3Dスマートフォン「Fire Phone」発売決定

日本時間の19日に、アメリカにてAmazonから新しいスマートフォン「ファイアフォン」の発表がありました。iPhone,Androidにまったをかける、画像認識までできる新型スマートフォンについてまとめてみました。iPhone,Androidとの比較も合わせて記載してあります。

更新日: 2014年06月25日

k2_k_heiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 3821 view
お気に入り追加

OSは独自のソフトウェア「Fire OS」

Fire Phoneは片手操作に最適化した4.7インチHD画面、4コア2.2GHz プロセッサ、2GB RAM、32GBまたは64GBストレージなどを備えたスマートフォン。

アマゾンのウェブサイトによると、ファイアは7月25日に発売される。

立体効果「ダイナミック・パースペクティブ」解説。4カメラで顔追跡

ただの遠近法による絵でも、もし無数の画家が待ちかまえて、見る人の角度に応じた遠近感に即座に書き換えたならば、壁に飾った絵ではなく窓のように見えるはず。

Kindleアプリでも。微妙に傾けて緩やかにスクロール、大きく傾ければすばやく移動。

ゲームの例。窓から覗いているように、左右から見れば先が見える。

前面カメラと顔認識ソフトで視差効果や視線スクロール、フェイストラッキングを導入するスマートフォンは従来からありますが、アマゾンによればこの広角4カメラによる高精度と距離の認識が他よりも優れた点です。

カメラやマイクなどの実世界からアプリへつなげるFirefly Technology

カメラやマイクで実世界のあらゆる商品や看板、音楽、テレビや映画の音声などを認識して、アマゾンの「1億点以上」のデータベースから関連情報を表示。アマゾンで購入やサードパーティ製アプリにつなぐ

認識できるアイテムは、書籍や音楽・映像・ゲームソフト、日用品や食料品などがあわせて7000万点以上。映画とテレビ番組は24万、テレビ放送局は160。認識した結果によって、商品ならば詳しい情報や価格を調べたり、欲しいものリストに追加したり、あるいはそのままアマゾンで購入する導線になります。

ポスターから電話番号とURLを認識。

Firefly の認識結果は必ずしもアマゾンの製品ページに飛ぶわけではなく、サードパーティーアプリを含めてさまざまなアクションを選択できます。Amazon 以外の音楽・動画サービスで再生リストに入れるほか、食品を認識したときはデータベースから成分を調べてフィットネスアプリに渡してカロリーや栄養管理に役立てるなど。

ゲームのパッケージ、食品のバーコードを認識。パッケージのほうは画像そのものを認識している。

また対象が商品でない場合、たとえば電話番号やURL、QRコードの場合でも、汎用の画像認識・OCR・コードリーダーとして利用できます。URLならばブラウザを開く、看板に電話番号があれば発信するなど。絵画などアート作品も認識でき、Wikipediaなどで関連情報を調べられます。

絵画作品も認識。画家情報を表示するほか、ウィキペディアで開く、この結果を共有する、履歴から削除が選択可能。

カメラがテレビ画面を見たら、今映っている番組や映画の名前を当てる。Shazamのように、音楽の曲名も当てる。

コンテンツ周りも充実

撮影した写真や映像データはオンラインから無料の"無制限ストレージ"に保存することが可能。ライバルとなるiCloudやGoogle Driveへの対応も万全的だ。

また、Fire Phoneをテレビと接続することもでき、セカンドスクリーンとしてテレビデバイスでの視聴にも対応する。(※X-Ray機能)特徴の1つとして、テレビ画面で視聴しているコンテンツに関する情報をFire Phoneで確認できる"スマートテレビ・デバイス"にもなります。

次ページにて他社スマホ比較

1 2





k2_k_heiさん

自分も知りたい情報をまとめてみる

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう