1. まとめトップ
  2. 雑学

東大生も一般教養で学ぶ「囲碁」が鍛える考える力が、すごい

囲碁は集中力が身につき、創造力を育み、発想が豊かになる頭脳ゲームです。創造性、医学、コミュニケーション、教育の分野での効能が注目されています。チェスや将棋に比べ、囲碁がなかなか人間のレベルに追いつかない理由は、囲碁のいわゆる「感覚の分野」を数値化するということが難しいためであるらしい。

更新日: 2016年01月28日

chemnoteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
183 お気に入り 45521 view
お気に入り追加

囲碁

囲碁は白と黒の石を置くだけの、非常に単純なゲーム。しかし、単純なだけに奥の深いゲームとも言える。

囲碁は集中力が身につき、創造力を育み、発想が豊かになる頭脳ゲームです。創造性、医学、コミュニケーション、教育の分野での効能が注目されています。

人間の脳は通常、左脳で計算・暗記・論理的思考機能を受持ち、また右脳は感覚的・形や空間等の認識、大局的視野での判断力を受持つと言われています。

囲碁は思考力、集中力、記憶力、忍耐力、大局感などを養うことができます。また、相手と対面して囲碁を打つことは、コミュニケーション能力を高めるでしょう。

(囲碁を学ぶと)物事のしっかりした考え方が出来るようになる事。自分の欠点も見えてくる。攻めすぎてギャフンと言わされる時は、目先の事ばかり考えて、後々の事を考えていない傾向にあるので、慎重に行動しなさい。守りすぎて届かないなら、慎重なのは良いが、チャンスを失うので積極的に行動しなさい等。

脳医学の研究者も認めた『囲碁』の効能

『脳を鍛える大人のDSトレーニング』を開発した脳医学研究者・東北大学川島隆太教授の講演があり、囲碁が脳の発達に効果的であることが示唆されました。

囲碁教室に通う子ども達が3ヵ月間の週1回1時間の囲碁を学ぶことによって認知機能が向上することが確認できた。

囲碁は昔から子供の成長や老化の防止に良いとされてきましたが、科学的に色々な分野で証明されるようになってきました。

授業に『囲碁』を取り入れている大学

授業に囲碁を取り入れる大学も増加している。東京大や早稲田大、慶応大などに続き、青山学院大や埼玉大でも始まった。大学にとどまらず、本年度からは東京都中央区の小学校で本格導入。

中国や韓国では、囲碁は子どもの習いことのベスト3に入っているそうです。

囲碁ガール

碁普及団体が開催する最近のワークショップでは、参加者の7割、入門者のほぼ9割を20代~30代の女性が占める。囲碁ガールの増殖がおびただしい。

コンピュータ囲碁は、最近まで人間に及ばなかった

2016年1月28日、Googleの完全子会社であるイギリスのディープマインド社が開発した、ディープラーニングの技術を用いた人工知能(AI)のコンピュータソフト「アルファ碁(AlphaGo)」が、2013年から2015年まで欧州囲碁選手権を3連覇した樊麾二段と対局し、5戦全勝したことに基づく研究論文がイギリスの科学雑誌ネイチャーに掲載された。囲碁界でコンピュータがプロ棋士に互先で勝利を収めたのは史上初である。

https://ja.wikipedia.org/

チェスや将棋に比べ、囲碁がなかなか人間のレベルに追いつかない理由は、囲碁のいわゆる「感覚の分野」を数値化するということが難しいためであるらしい。

囲碁の最終ステップは創造的な脳ともいうべき前頭葉(前頭前野)を使うことです。定石(定跡)や手筋など、教えられたことの範囲内で考えるのではなく、局面に合った最善手を求めて自分なりに工夫する。

10の360乗もある空間の処理もさることながら、碁石の強さを数値化する難しさもある。駒の強さをある程度数値化することが可能な将棋に比べて、囲碁の場合、石の重要性は、つながりによって変わってくるからだ。相手が囲っている陣地の中へ石を置き、相手の石を死に石にする「中手(なかて)」をどのように判断するのか。これらが、手数の多さに輪をかけてコンピュータ囲碁ソフト開発の難易度を高くしていた。

1





科学(特に化学その中でも有機化学)、学校(特に大学)、就職、ライフハックなどをまとめています。
https://twitter.com/chemnote1

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう