1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

「世界の成功者は早起き」・・・と言われるけど、朝早く起きたら、何をするのが良いの???

早起きが良い・・・というのは昔から言われています。が、早起きをして、時間が出来たら、一体何をしたら良いのか、意外と迷ってしまいます。早起きを上手に生かしている人はどんなことをしているのか、まとめてみました。

更新日: 2014年06月28日

dreamflowさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1850 お気に入り 364351 view
お気に入り追加

世界で「成功者」と言われる人は「早起き」が多いらしい

成功する人はみな共通して早起きであり、また習慣になっています。早起きなくして夢の実現はありえない、といっても過言ではありません。

早く起きて成功したのか、それとも、成功しているから早く起きるのか・・・どちらにしても、多くの人は「早起き」と縁があるらしい。

全米プロバスケットボールに所属するブルックリン・ネッツ(Brooklyn Nets)のCEOであるBrett Yormark氏は午前3時30分起床。

なんと、夜中の3時半にはもう活動を開始しているという、Brett氏。これはかなり「早い」。

NBAにおいて、最も若いCEOとして注目されるBrett氏。

その敏腕ぶりを支えているのは、早起きの習慣が大事だと言う。

『Forbes』によると、英国元首相のマーガレット・サッチャー氏は朝5時起き、ディズニーのCEO ロバート・アイガー氏は4時起き。

ハリウッド女優のグウィネス・パルトローも早起き派。もともと朝型人間ではないとのことですが、4時半に起きて行う「朝ヨガ」が日課。これが心身ともに健康でいるための秘訣と、自分に厳しく課しているのだそうです。

ハリウッドの大女優グウィネス氏も朝ヨガを実践して、早起きの習慣を実践している。

早起きは、世界で活躍する企業のCEOや政府の高官、その他の有力者などに見られる共通点です。

米「Inc.」誌の記事によると、朝型の人は物事に率先して
取り組む傾向が強く、生産性が高い、とわかっているそうです。

なぜ「早起きは良い」と言われるのか???

早起きのメリットで一番大きなものは、自律神経を整えることができるという点です。早起きすることで一日のリズムが正常であれば、脳も活性化し、身体も軽くなります。

ただ「気分が良い」というだけではなく、身体のバランスを司る自立神経にも良い影響を与えることが出来る。

朝の時間は、1日の始まりであると同時に、思いも寄らない「邪魔」が入らない時間でもある。

朝は静かです。空気も空間も全て静かに感じます。この時間こそ一日の整理整頓が一番しやすいのです。

早寝早起きを実行することによって起こるメリットは体に体内時計が出来、朝の決まった時間に目覚まし無しで起きることが出来るようになります。

さて、早く起きた・・・で、何をしたら良いのだろう???

朝早く起きたら・・・「何」をしたら良いのか???

早起きをすると、当然その分時間ができます。朝は作業をするのに効率が非常にいいです。

朝早く起きたら、その分の時間が生まれます。その時間に何をするのか、これも大事なことの1つ。

▶︎運動/身体を動かす

日常的に運動する人のほとんどが朝に運動しているといいます。ヨガ・ジム通い・ジョギングなど、仕事の前に行う運動は一日の活力や達成感の源になります。

特に外が暖かいなら、散歩でも掃除でも、一度外に出て、空気を吸うだけでも、朝の早起きを実感出来る。

ジョギングでも、ヨガでも、ジムでもいい。朝に運動をすると、体にエンジンがかかり、出社後、バリバリ仕事をこなすことができるようになる。

実際に朝の運動の効果は証明されており・・・

ランニングを行うことで、クラスそのものの学業成績が向上したということが報告されています。運動をすることで脳への血流が促進され、酸素やエネルギーが供給されることによって、脳は常に活発に活動している状態といえる

朝から運動を行うことで、脳に血を早く送り込むことが出来て、脳を使う活動に向けて、準備することが出来る。

もちろん、いきなり、運動を始めるのには抵抗がある場合は・・・

朝の運動を始めるときはムリなく出来る範囲で始めることが肝心です。起きてからしばらくは布団の上でストレッチするもよし、カーテンを開けて日光を浴びて背伸びから始めるもよし、それぞれ好きなスタイルで始めてみてください。

身体を起こして、カーテンを開ける・・・というだけでも、身体は寝た状態から動き始めます。

とにかく、朝、早い時間から身体のスイッチを少しでも「オン」にするアクションがあれば、違いは生まれてきます。

網膜から入った外光の刺激は、脳内時計の中枢である視交叉上核で処理され、「朝がきた」と脳が認識する。そのことによって、脳内のさまざまな回路の働きが活性化するのである。

光を感じるだけで、脳は「朝起きた」というスイッチを入れてくれる。

▶︎1日のスケジュールを立てる/やることをイメージしておく

1 2





dreamflowさん

独自の視点ではありますが、何かの形で笑顔のきっかけになるまとめが作れたらと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう