1. まとめトップ
  2. ガールズ

明かりにビー玉をプラスするだけでお部屋が幻想的に♪

温かい光で落ち着く『間接照明』。でも、夏はちょっと暑苦しいかも・・・。そんなとき、ビー玉使った照明で、お部屋を幻想的に変えてみませんか?

更新日: 2014年06月24日

tea_heartさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4249 お気に入り 439379 view
お気に入り追加

けど、ちょっと飽きてきた・・・。
それなら、こんな涼し気なビー玉照明を作ってみませんか?

こんなに幻想的♬ ビー玉でつくった間接照明

ライトの光次第では、こんなに光が広がる!
※白熱球だと、熱くなるので注意。

淡いパステルの光にウットリしてくる☆

これ、子どもの夏休みの工作にもいいかも~♬

何色を組み合わせるかは、あなた次第です♪

これは、作ってみたい・・・!

金魚鉢とかのガラス容器に詰め込むとカワイイ♪
あとは、中にライトを刺しこむだけ。

☆幻想的な照明の作り方☆ 1.透明または中が見える容器を用意する 2.照明ランプを容器の中に入れる 3.ビー玉などのカラフルなガラス玉を陽気に詰め込む 4.ライトを付ければ完成 pic.twitter.com/jnVnnjDKyY

かご入りタイプの作り方

材料は…アルミ製メッシュ小型物入+サイズの同じさまざまな色のビー玉+電球・ソケット・電源コード。以上です

材料は、すべて100均で揃いますね♬

硬めの紙で型をつくったら、貼りやすいようにラップで巻く。

後は、プラグつきソケットと電球(LEDの方が熱くならないのでオススメ)にかぶせるだけ。

完全にくっついたら、厚紙で作った円すいをラップごと取り外す

ビー玉にヒビをいれると、さらにキレイに

フッ素樹脂加工などしていない空焚きできる鍋やオーブンを使おう。
火傷やビー玉が割れることがあるので、充分気をつけて。

【1】ボウルに、氷水を準備しておく

中に気泡が入っているものや、2色のマーブルビー玉は、後で割れやすくなるので注意して選ぶこと。

【2】鍋にビー玉を入れて、強火にかける。そのまま約5~10分間、鍋をゆすったり、箸で転がしながら、まんべんなくビー玉を熱する

オーブンの場合は、鉄板にビー玉を並べ、200度以上で10~20分ほど熱する。

【3】ビー玉を取り出し、すぐに氷水の入ったボールに入れ数分程度冷却する

十分に冷した後取り出して、綺麗に水気をふき取り、しっかり乾燥させること。

光を当てるとこんなに輝くビー玉に!
照明に使うと、より幻想的になるよ!

クラックビー玉、キャンドルライトと一緒にとってみた!( *`ω´) 光にあてたら綺麗ね… pic.twitter.com/frHCeQxNWd

iPhoneのライトの上にクラックビー玉の青を乗せて写真撮ったら、地球みたいになった 加工なし pic.twitter.com/h9WzeRHCSq

父と一緒にクラックビー玉作った!!!ビー玉を飾るインテリア(ケヤキ製)も一緒に作りライトで照らせるようにして、後ろにははがきやフィギュアを飾れるようにしました!俺の部屋にはもったいないくらいしゃれおつな一品です!!! pic.twitter.com/5ugy01vIo3

炒めたビー玉を用意しておいた氷水に入れビッキビキの割れガラスになったビー玉をLEDを入れたコットンパフ容れに敷き詰めると、 pic.twitter.com/PU4jwYLXPX

コスメなどのオシャレな容器を使うのもイイね!

工夫しだいで、こんなこともできる!

布に触るたびに、万華鏡みたいにコロコロと光の形を変えていく楽しい照明。

手が届く高さに、白い布が広げてあり、その上にカラフルなビー玉が乗せてあり、上から照明で照らす

こちらは、市販の照明なんですが・・・。
こういう風にダンボールなどに穴を開け、ビー玉を詰めていくと・・・。

後ろに照明をおくだけで。

1 2





tea_heartさん

紅茶厨です´◡`

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう