1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【子どもの熱】すぐに熱を出すのはうちの子だけ?発熱の理由と対処

親なら誰もが経験し、非常に心配になってしまう子どもの発熱。こんなに熱を出すのはうちの子だけ?どうしてこんなに熱を出すのかを調べました。

更新日: 2014年06月24日

4jouhanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
234 お気に入り 246782 view
お気に入り追加

4人子供がおりますが、その中の3歳の子供について相談させてください…かなり頻度が高く、さすがに毎回「高熱が出やすいのね」「疲れているのね」と医者から言われていても心配です。

うちの年少の息子は本当によく熱を出します。ビックリするぐい。また? って感じです。熱を出すのは小さい頃からですが…

1歳の息子が今月に入ってから何度も熱を出すのですが、子供ってこんなに熱があがるのですか?

子どもの発熱、しかも何度も熱を出すとなると親としては心配です。
子どもが頻繁に熱を出すのはどうしてでしょうか?

すぐ熱を出すのはうちの子だけ?

6ヶ月くらいから急に発熱してくるのは、お母さんのおなかにいるときもらった免疫が、この時期になくなってしまうからです。

6ヶ月~3歳の間の発熱はよく起こることのようです。
その理由として、キーワードとなるのが「免疫」です。

乳児は母体由来の胎盤通過可能な免疫グロブリン(IgG)により、生後6ヵ月頃まで伝染病に罹患することが少ない

生後10日間ぐらいまでの初乳にはラクトフェリンが豊富に含まれており、免疫機能を強化したり、抗炎症作用や抗菌作用、腸内環境を整えるのにも役立つとされています

母体由来の免疫(移行免疫)は生後4~6ヵ月頃には、ほとんどなくなって無防備な状態になり、それ以後に病気に罹患した際に、自分自身の免疫系を働かせて抗体を産生し、個々の病気の原因となっているウイルスや細菌を抑制し、又、二度と同じウイルスや細菌によって同じ病気にならぬ様に免疫記憶(メモリー)される

この「免疫記憶」をする際に出てくる反応が「発熱」なのです。
ウイルスや細菌に抵抗するための「抗体」を作って、自分の身を守る仕組みが備わっております。

発熱そのものも病気を治そうとしている症状なのです。体温が高いと、からだはウイルスに対する抗体をつくりやすいし、ウイルスにとってもすみにくい環境

そして病原体に打ち勝ち熱が下がると免疫ができて、次からは同じ病原体が体内に侵入しても、発症しないか、軽い症状で済むようになります。

新しい環境の中で遭遇する病原体に対して、一つひとつその抗体を体内に生成し、環境に順応していくための成長ステップ

「熱」なのに手足が冷たくて、震えているのは?

熱がまだ上がる途中では、手足が冷たくなって体が小刻みに震えることがあります。これはまだ熱が上がる途中の症状です

体内に熱を貯めこむために、血管を収縮させて皮膚からの無駄な熱の放散を抑えます。このため、手足の血の巡りは悪くなって、手足が冷たくなり、顔色は蒼白くなる

熱を作り出す臓器は「筋肉」 です。熱の出始めには「悪寒・戦慄」 と言って、ブルブル震えて寒気がしますよね。
これは、筋肉が震えて、一生懸命からだの中に熱を発生させている

戦うための「熱」を高めるためだったんですね。

熱を出しているときにしてあげることは?

寒がって震えているようなら,一時的に体や手足を暖めてもよいでしょう。しかし,熱が上がりきった時点からは,熱を放散させる必要があります。

着せすぎや部屋の温めすぎは良くありません。様子を見ながら暑すぎず、寒すぎずといった状態に調節して下さい。発汗も多くなりますので、下着やパジャマをこまめに着替えさせて下さい。

氷まくらやアイスノンは、体の表面のほんの一部を冷やすだけのものですから、体温を下げる効果はさほどありません。それより、手や足の肌をだすことで、そこから余分な熱がにげていってくれます。

脱水症の予防のために水分、ミルク、おっぱいは、できるだけこまめにほしがるだけ与えます

受診の目安は?

3ヶ月未満の赤ちゃんの発熱は、要注意

風邪かなと思って油断していると,髄膜炎や肺炎,敗血症などを合併してあっという間に全身状態が悪化し,不幸な転帰をとることがあります。3ヶ月未満の乳児に発熱がみられた場合は,躊躇することなく小児科専門医を受診してください。

1 2





4jouhanさん

健康、病気、身体に関するテーマを中心に、と思ってますが、自分が気になったことをまとめております。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう