1. まとめトップ
  2. カラダ

意外とやりがち?鼻のテカリをもたらす7つのNG習慣

暑くなると気になるのが鼻のテカリ。気温が上がると汗や皮脂が増え、べたつきやテカリの原因になることも。鼻のテカリはどのような行動に影響しているのでしょうか?

更新日: 2014年06月24日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
548 お気に入り 361267 view
お気に入り追加

●鼻のテカリは意外と気になる?

もともとTゾーンは脂が分泌しやすい部位になりますので、どんな方でもテカリやすい部位になります。

テカリが気になるからといって、間違ったスキンケア方法を行っていては皮脂の過剰分泌は改善しません。

鼻のテカリが気になるという方は、まずその仕組みを知り、その上で正しいスキンケアを行うことが大切です。

・鼻のテカリは「皮脂腺」が関係している?

人の肌には毛穴がありますが、この毛穴の奥には皮脂を生産する〝皮脂腺〟と呼ばれるものが必ず存在します。

この皮脂腺で作られた皮脂は、毛穴を通して皮膚表面に溢れ出てくるため、そのまま放っておくと、次第に脂ぎった肌となり〝テカリ〟の元となってくるわけです。

●鼻のテカリをもたらすNG習慣

鼻がテカル原因は顔の中でTゾーンと言われる、額から鼻筋にかけて皮脂が多く分泌されているようです。

1.ゴシゴシと洗顔をし過ぎる

洗顔をし過ぎて顔の皮脂を落とし過ぎてしまった場合、肌は皮脂を補おうと皮脂を分泌するようになります。

洗顔の際にゴシゴシとこすりすぎることで、テカリのもとになる状態に仕上げてしまっているのです。

・たっぷりの泡でやさしく洗う

まず洗顔を見直してみましょう。ごしごしと強く洗ったり、何度も擦ったり、丁寧に洗いすぎると角質層を傷つけてしまいます。

2.お肌に潤いが足りず、乾燥する

過剰に摩擦や刺激を与えてしまうと角質が傷付いてセラミドなどの保湿成分が角質の隙間から流れ出てしまいます

そうすると肌の内側は乾燥しているのに、外側だけが皮脂によりテカテカになってしまいます。外はテカテカ、内はカサカサという状態になってしまうのです。

3.あぶらとり紙を使いすぎ

実は、あぶらとり紙は、肌に必要な皮脂まで取りすぎてしまったり、肌内部の水分まで奪ってしまうことも少なくないのです。

使いすぎると皮脂が出たら取り…の繰り返しになり皮脂がバランスを崩してしまいます。また紙をギュッと押し付けたりこすることで皮膚を傷つけてしまう恐れも。

4.鼻パックのしすぎ

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう