1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

食器洗い用スポンジはトイレよりも汚い!?菌を増やさない使い方とは

自炊をしない人でも自炊する人でもキッチンに食器用スポンジがあると思いますが実はこのスポンジがトイレよりも汚いことが判明!台所は一番綺麗にしておきたい場所ですが菌が一番たまりやすい場所でもあるようです。食中毒にならない為にもちょっとした工夫で食器用スポンジを綺麗に保つポイントや除菌法、交換時期を紹介

更新日: 2016年03月10日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
635 お気に入り 314462 view
お気に入り追加

▼台所は菌が発生しやすい場所

いちばん清潔にしたい台所が、実は家の中でいちばん細菌に汚染されている

スポンジのしずくが洗う際にシンクの中に飛び散る。スポンジで繁殖した細菌が 常にシンクの中にいる状態になる。水道の蛇口から出た水しぶきと一緒に細菌が包丁やまな板・ふきんなどに拡がり結果として口に入ってしまう。スポンジの細菌はキッチンに拡がってしまう

夏になると注意したいのが食中毒。その原因となる細菌はジメジメ暑いと増殖しやすく、台所用品のこまめな除菌が欠かせない

▼食器用スポンジが、トイレよりも汚い!?

台所のスポンジは家の中でもっとも汚く、その細菌数は便座の20万倍以上だという。
最近の研究では、1平方インチあたり1000万個の細菌が台所スポンジから、また、食器拭きからは100万個の細菌が検出された

食器洗い用スポンジも湿ったまま置いてあることが多く、細菌の繁殖に好条件

細菌が増えるポイント「水分」「栄養素」「温度」
1)食べ物の栄養素
 スポンジに染み込んだ食べ物の栄養素は細菌の栄養になる
2)高温多湿
 細菌は温度が高いと増える
 暖房で温まったキッチンは細菌にとって居心地が良い環境
3)水分
 細菌は水分が多いと増える
 シンクに置きっぱなしだと水切れが悪い

台所のスポンジには カビ、大腸菌、黄色ブドウ球菌なども繁殖する可能性があり 食中毒の原因となる可能性もある

細菌の中には“カンピロバクター”をはじめ、末梢神経が冒され最悪死に至る病“ギラン・バレー症候群”を発症させるものもあり、これらの菌はごく普通にスポンジに付着しているらしい

*カンピロバクターは様々な動物の腸にいる常在菌で、食べ物と一緒に体内に侵入すると、小腸や大腸に付着して増殖を開始し、微熱や腹痛などの症状を引き起こします。
多くの食中毒菌は数万個が体内に入らないと発症しませんが、カンピロバクターの場合、感染力が強く、わずか数百個で発症することもあります

*ギラン・バレー症候群は筋肉を動かす運動神経などが破壊されてしまう自己免疫疾患で、手足のしびれ・ろれつが回らないなど、喉の神経が麻痺し、最悪の場合、横隔膜などの筋肉が麻痺して死亡することもある恐ろしい病
(参照元:http://goo.gl/MWzJE4

スポンジに洗剤を残しておくと雑菌が繁殖しますから、食中毒の元ですし、ぬめったり臭くなったり、洗剤の成分で組織が劣化して、スポンジの寿命が縮みますから、濯がずにそのまま放置するのは、ちっともエコではありません

▼「抗菌」「除菌」という名を過信しすぎてはいけない!

スポンジには汚れが付きやすく、乾燥しにくいので、実は菌が住みやすいところ。食器を洗う時にスポンジ除菌のできる台所用洗剤を使っているからそれだけで安心ということにはなりません

JIS規格(日本工業規格)によると、「抗菌」とは「製品の表面における細菌の増殖を抑制するもの」という定義がされています。「抗菌」という表示のあるグッズは、あくまでも表面の菌の増殖を抑えるものであり、菌を寄せ付けるのを防いだり、スポンジの中に含んだ菌までは抑えられないことを知っておきましょう。
「抗菌」であっても、スポンジを濡れたまま放置しないで、できるだけ絞って乾燥させることが必要です。

▼どの位 使用したら食器用スポンジは交換すべきか?

スポンジやブラシが劣化すると異物混入に繋がる可能性があります。定期的にチェックし、交換してください

新品のスポンジにはほとんどバクテリアは付着していないけれど、通常の使用を2~3週間続けた後は、家中で一番汚いものになり得る

1ヶ月使用すると繊維が切れ始め 水分や栄養素が溜まりやすくなる。使用菌は長いほど細菌は溜まりやすい。

冬場は気温が低いことから、やや眺めにスポンジの衛生を保てるものの、気温にかかわらず、月に2~4回スポンジを取り換える

▼食器用スポンジの菌を増やさない為には・・・

・菌を増やさないようにするためにできるちょっとした工夫

すべてを洗うのに同じスポンジを使うのはとても危険。あらゆる場所に菌を撒き散らしています。食べ物に入ったら、病気にもなりかねません。洗う用途別にスポンジを分けてください

スポンジ類に細菌が繁殖しないようにする為にはしっかり乾燥させることが重要です。徹底した乾燥をする為に、スポンジを2セット用意し、1日交代で使用しましょう

1 2





aqua38さん

お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています



  • 話題の動画をまとめよう