1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

タマネギを切ると3日くらい手が臭い…匂いが確実に落ちる手洗い

タマネギは何にでも使えて便利な常備菜ですけど、切ったあとの手がたまねぎ臭いですよね。なぜタマネギの匂いは落ちないの?しかも3日間はずっとくさい。ちゃんとお風呂入っているのに。何度手を洗ってもとれない。そんな匂いを落とすための正しい手洗いの方法を見つけましたので、メモしておきます。

更新日: 2014年08月01日

easeMeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
260 お気に入り 158281 view
お気に入り追加

なぜタマネギの匂いは落ちないの?まずはニオイの構造を知ろう!

ニオイとは小さいけど物質です。このニオイ物質が空中を浮遊し鼻に入るとニオイを感じます。空気などニオイ物質でないものは鼻に入ってもニオイを感じません。

つまり、この「ニオイ物質」を取り除けば臭くなくなる、ということですね。

【1】ニオイ物質の多くは、実は細菌によるもの。

不快なニオイの多くは実は細菌がつくっています。要はたまねぎを栄養として細菌がつくるニオイ物質がクサイのです。

なるほど。それでずっとずっとタマネギくさいわけですか。

一般の手洗いでは、流水のみの場合、石けんを用いる場合、抗菌成分を含む石けんが用いられる場合があります。これらの手洗いによっても通過菌の一部を除去できるが、この手洗いの本質はあくまでも物理的な汚れの除去にすぎません。

【2】タマネギのニオイが落ちない、もう一つの理由「化学反応」

天ぷらを思い浮かべてみて下さい。あげたてはいい香り。しかし翌日は?翌々日は…?これを油が酸化したといいます。このように油が酸化したニオイもとても悪臭ですね。

ニオイ物質には臭う形があります。これを分子レベルでにおわない形に変化させ無臭化させるのです。

なるほど、つまりタマネギをもとに細菌が作り出した物質が、化学反応によって固着しちゃってる、ということなんですね。つまりそれを「分解」してあげればいいということになります。

分子レベルで臭い匂いを落とそう!!3つの手洗い方法

①金属イオンの電荷で取り除く

流水をかけながらステンレス製品でこすると落ちます(イオンの電荷による効果のようです。たまに売ってる金属製の石鹸状のものはこれを利用したもの。要するに単なるステンレスの塊)ステンレスのスプーンとかを洗えば手の匂いも落ちます。

とれにくい臭いのプラスイオンがステンレスのマイナスイオンに反応し、くっついてくれるようです。

ステンレス製なら何でも良いので、シンクにごしごしこすりつけながら洗うのでも良いです。ただし、シンクがキレイなら…。蛇口でこすって流水手洗いしてみましたが、落ちました!

②お酢で手洗い。お酢に含まれる酸をつかおう!

タマネギの匂いは酢水で手を洗うと良い。

臭いが発生するのは、雑菌や細菌が原因となりますが、クエン酸にはこれらの菌を退治してくれる殺菌効果があるのです。クエン酸は柑橘類の酸味成分、お酢などと同じ酸の仲間です。

試してみたところ、このお酢で洗う方法でもしつこい匂いも落ちました!ただし、その後はお酢くさいため、そのあとしっかり石けんで洗い流してください。注意ですが、傷があるときはめちゃくちゃ染みます。

③レモン汁で手洗い。クエン酸でおとす

柑橘類がなぜ臭いに効くのか。それは、クエン酸が含まれているのが大きな理由だと言われています。

蜜柑のうすい皮でも大丈夫、グレープフルーツでも、その皮を折り曲げて玉葱の匂いのついた手にこすりつければ、あらら!!!というくらいの速さで取れます。カボスの皮・ゆず・すだち・・・等など、お庭に橙(だいだい)が植えてあるなら、それもOKです。

柑橘類の皮なら、何でもOKみたいです。柑橘類が常備されているお宅って多いんでしょうか?手には優しいですが、上のふたつよりも「家庭に常備されてる」割合は低そうです。

手についたタマネギの臭いに悩まされる方は多い。

本当にたまねぎくさいの落ちない。あんなにたまねぎ切ったのはじめてだもんな〜

朝たまねぎ使って料理したんだけど手についたにおいがとれない。今日のわたしたまねぎくさい。たまねぎ。たまねぎお姉さん。

手がずっとたまねぎくさいまま寝る。たまねぎ切ると手がたまねぎくさい。でもたまねぎはすき。

1 2





バカを休み休み言う。それがモットーです。デザインなど。



  • 話題の動画をまとめよう