1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

自分はミスが多くて嫌になる…うっかり・ケアレスミスを無くす方法

ちょっとした不注意からやってしまう…うっかり・ケアレスミス。人にミスはつきものですが、少なくとも減らすことは可能です。ミスの防止策を組み合わせることにより、事実上無くすこともできるかもしれません。

更新日: 2015年01月23日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2346 お気に入り 432555 view
お気に入り追加

▼ やってしまうことがある 「 うっかり・ケアレスミス 」

「どうしてこんなところを間違うのだろう」というような所でミス

困っています。わかっていること、単純なことでもミスしてしまって「あぁ~、やってしまった・・。」ってことが多いように思います

しかし、金額の 「 ケタ 」 を間違うと大変なことになりかねない・・

仕入れ伝票入力している私 桁を一つ間違ってしまい 大きな違算を出してしまいました 百万単位だったのに 一桁少なく、でっかい違算

▼ 自分のミスを記録して、ときどき見直す ※パターンを知る

「 間違えるポイント 」 をメモして、手元に置いて確認しましょう

記録して見直すと、自分がミスをするパターンが浮かび上がってくる

しかし、ミスをした後が大切です。どういう理由でミスしたのか、正しくはどうすべきだったのか・・など、メモに残して反省すべきです

▼ 「 言語・動作化 」 してチェックする ※声出し確認する

チェックしなかったことをする、できなかったことをするだけです。やり方は知っているのですから、忘れずに確実にするだけのこと

慣れから生じる「 気の緩み 」が、ミスの原因になることがよくある

慣れた仕事だからミスはしないだろうといった気の緩みからいつものチェックが疎かになってしまうことが大きな原因として考えられる

頭の中でチェックするだけでなく、言語・動作を入れてチェックする

交差点に進入するときに「右、左、右、左」と言語化しながら左右の確認を、いつもより、もう1回多くすればよいことに気づきます・

指差し確認。電車通勤・通学の方ならば、日常的に目にしている光景かと思います。電車の発車前と発車後に駅員さんがやっているアレ

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう