1. まとめトップ
  2. カラダ

百獣の王、武井壮をもダウンさせる酸欠の危険性

タレントの武井壮さんがテレビ番組の収録中に酸欠でダウン。1時間程度で症状は回復したようですが、一時は意識朦朧としていたそうです。体内の酸素不足によって起こる酸欠は、日常的に浅い呼吸をしている人も注意が必要です。その危険性と原因、予防方法とは?

更新日: 2014年06月28日

71 お気に入り 142936 view
お気に入り追加

・武井壮、収録中に酸欠でダウン

桂雀々落語fighter 武井壮がサバイバル生活で火種を起こそうと息を吐き続けたため、酸欠で失神状態になったとか。雀々さんを見てると、ハッハはぁはぁこちらの呼吸が段々せわしなくなってきて武井現象を起こしそうになる。そこがクセになりまんねんけど。ご本人は酸欠にならないんでしょうか?

武井壮が番組の収録中に失神寸前に追い込まれていたことが27日、わかった

TBS系バラエティー特番「全世界極限サバイバル ジャングル! 無人島! 灼熱砂漠! 極寒地帯で100時間生き残れ!」の収録中、海外ロケ中の出来事だった。

インドネシア、マレーシア、ブルネイが領有するボルネオ島のジャングルで4泊5日のサバイバル生活に挑戦

火を起こすために火種に「フゥーッ」と息を吹き続けていたところ、酸欠状態に陥り意識朦朧となってダウン

近くで待機していた医師の治療を受けるアクシデントに見舞われた。約1時間半後に体調が戻り、収録に戻った

・酸欠とは

空気中の酸素や水中の溶存酸素が不足すること

空気中の酸素の濃度が十八パーセント未満である状態

空気中の酸素濃度が低下している状態の空気を吸入することで酸素欠乏症にかかります

・酸欠の危険性

酸欠になると、極度に体調不良と頭が回転しなくなるからかなり危険。電車おりて階段に差し掛かった時2回も踏み外してヨレヨレだった。やばすぎ

脳への影響が最も大きく,頻脈,呼吸の切迫,精神障害などをきたす

あまり酸欠状態が長く続くと、脳梗塞や脳卒中、目の病気などの深刻な疾病のリスクが高まります

16%で火が消え10%で意識不明になる。8%で失神昏倒し数分で死亡する

現代社会の空気中の酸素濃度は約20.9%、閉め切った室内では20.6%とも言われています。

・こんな場所では注意が必要

CO2など空気より重いガスは下に溜まるため、井戸・地下室・窪地などの周辺に比べ低地になっている箇所は危険性が高い

沼や沢等の腐泥層からメタンガスが湧出することがあり、空気を押し出し、あるいは希釈させ、酸素を欠乏させる場合も多い

密閉された空間、換気の悪い場所が発生場所となります

・呼吸が浅い人は注意が必要です

現代人は呼吸が浅い人が増えており、日常的に軽度の酸欠状態である人が増えているそうです。

呼吸が浅いと、取り込める酸素の量が少なくなり、血液中の酸素濃度が低下していきます

カラダが冷え、代謝量が落ち、老廃物も溜まりやすくなるので、結果的に酷い肩コリや冷えに悩まされることになります

呼吸を浅くする原因として、忙しすぎる生活や猫背など前かがみの姿勢、口呼吸、きつい下着や、締め付ける衣服、ストレスなどがあります

・酸欠を予防するには

1 2





ますたんぐごーさん

私のつくったまとめが、世界のどこかで誰かのお役にたてれば本望です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう