1. まとめトップ
  2. ガールズ

ひそかなブーム到来!!フィンランド発のアロマサウナ「ロウリュ」

フィンランド発のロウリュ(ロウリュウ)がブームになりつつあります。実は女性に嬉しいことがたくさんのサウナ。改めてサウナの良さと、ロウリュについてご紹介します。

更新日: 2014年06月29日

Pianismさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
135 お気に入り 61532 view
お気に入り追加

フィンランド発!ロウリュってなに?

「ロウリュウ(“ゆっくりと降り注ぐ熱気”という意味)サウナ」。

加熱したサウナストーンにアロマ水をかけることでマイナスイオンを含んだ水蒸気を発生させ、発汗を促します。亜熱帯のようなしっとりした空間で発汗作用・疲労回復・アロマ効果が高いロウリュウ浴が楽しめます。
これまでの「我慢して汗をかく」ではなく、「優雅にリラックスして汗をかく」サウナなのです。

ドイツではアウフグース (Aufguss (Sauna)) と呼ばれ、商業的なサウナ施設で行われている。フィンランドでは静かに入るのに対し、ドイツではスタッフがタオルなどで利用者を煽いで熱風を送るなど、イベント的に親しまれている。

ロウリュの体験談

ロウリュウ後は非常に良く眠れまして、翌日は身体が軽くなったという印象です。血流が良くなるため、肩こりや筋肉疲労にも効果がありそうですね。

熱い!熱すぎて目が開けられない。眉毛とマツ毛が焼けてなくなりそう!!っていうくらいだけど段々と とってもいい気持ちに…(^O^)そしてビックリするくらい汗が出る~。もう、やみつき♪

すごいです。体感温度が一気に上がって、尋常じゃない汗がでます。おそらく、今までで一番毛穴が開いたと思う。(笑)すっげぇ気持ちよかったです。

サウナのダイエット効果

体を温めて血行促進
全身に酸素や栄養が行き届き、新陳代謝が活性化されます。疲労回復や冷え症の改善にも有効です。体温や代謝が高まれば、それだけ脂肪を燃焼しやすい体になります。これに日ごろ運動する習慣をつければ、ダイエット効果は飛躍的に高まるはずです。

汗をかいて疲労物質など有害物質を排出
デトックスされて体内がきれいに浄化されれば、免疫力がアップしてアレルギー症状を抑えるなど、体調の改善が期待できます。

温度刺激でストレス解消
サウナによる高温の空気が全身の皮膚を刺激し、中枢神経の興奮が高められます。これにより、神経による身体機能の調整が促されストレスの解消につながるといわれています。

サウナの美容効果

サウナに入ると大量の汗をかきます。これは、新陳代謝が良くなっているということです。この新陳代謝こそ、美肌のカギ。新陳代謝を活発にすることで、古い肌から新しい肌へと生まれ変わる「再生力」がアップします。サウナは皮膚の代謝をアップさせるので、汗腺が刺激され、肌の奥の老廃物も汗と一緒に排出することができます。

自身から発汗される自然な潤いの汗と皮脂は、天然のクリームになり、お肌を保湿してくれる効果もあります。

サウナで簡単に毛穴の角栓がすっきり解消されます。サウナの熱で毛穴がイッキに開きますので、毛穴の汚れが非常に取れやすくなります。汗をかくことで、汗腺に溜まっている古い水分を体外に排出することにもなりますので、リンパの流れもよくなります。

サウナの効果的な入り方

①湯船につかり軽く身体を温めましょう。
まずはしっかりと水分補給をしましょう。サウナに入る前にまずは湯船につかり、軽く身体(特に脚)を温めます。(サウナ室内は高さによって温度差があり、低いところは温まりにくいため、先に脚を温めると良い。)特に長時間サウナに入るのが苦手な方は、先に湯船で温めておくと効果的!

②サウナ室で十分に身体を温めましょう。
サウナ室に入り、発汗するまで十分に身体を温めます。サウナ室の環境や体調にもよりますが、8分~12分程度が目安です。腕や脚からも直接発汗するようになったら十分に温まっている証拠です。

③実はここがポイント!水風呂に入りましょう。
十分に温まったらサウナ室を出て、シャワーやかけ湯などで汗を流してから水風呂に入りましょう。水の冷たさをやや感じにくくなったあたりで水風呂から出るのがちょうど良いタイミングです。
水風呂を使う目的のひとつはサウナで熱くなった身体を一気に冷やし、ひきしめることです。そうすることによってかえって湯冷めしにくくなります。サウナ室の熱さと水風呂の冷たさという極端な温度差によって、身体は一時的に緊張状態になりますが、実はここがポイントなのです。

④外気浴でリラックスしましょう。
露天で外気浴をし、ゆっくりと休みます。その際、水分の蒸発によって湯冷めしないために、先によく絞ったタオルで身体についた水滴をしっかりふき取りましょう。
緊張状態になった後に休憩することで、緊張の反動による全身の深いリラックスが得られます。このリラックス(弛緩)している時間が、ストレス解消や疲労回復に特に有効なのです。

サウナに入る際の注意点

サウナでは発汗によって身体から大量の水分が失われます。こまめに水分補給しましょう。

体調が悪い時、泥酔している時、怪我をしている時はサウナに入ってはいけません。

都内でロウリュを体験!

1 2





Pianismさん

気になることをわかりやすく!



  • 話題の動画をまとめよう