1. まとめトップ

使い方で選ぶ、ノースフェイスのリュック【定番 / 通勤 / 通学 / 普段使い】

THE NORTH FACEのリュックのなかでデイパックに分類されている物を、用途別にまとめてみました。●ボレアリス ●ホットショット ●ビッグショット2 ●リーコン ●BCヒューズボックス ●シャトルデイパック ●ヘックスパック ●パープルレーベル 等

更新日: 2016年06月06日

Bunny_Robberさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
308 お気に入り 1671575 view
お気に入り追加

Info | Pro FuseboxにOSHMAN'S別注モデルが登場!

人気モデル、プロフューズボックスにアウトドア/スポーツ系のセレクトショップ「オッシュマンズ」が別注をかけたモデル。
表面はディジーチェーンを取り外し、縦にあるファスナーを止水ジップに変更。上蓋のファスナーも裏面使いにして、雨が入りにくい構造に。
元のモデルよりもシンプルで大人っぽいデザインとなっています。

税込価格 ¥19,440

Info | 2016SSシーズンカタログがWEBにて公開中

種類が豊富で迷ってしまう、ノースフェイスのリュック。

通勤通学や普段使い向けのリュックを対象に、私見ですが大まかに分類してみました。
購入する際の参考になれば、と思います。

2016SSリリースの新モデル

日常使い向けのシンプルなデイパック。両サイドにあるポケットはファスナーで広がり、折りたたみ傘などを入れられます。背中側にあるPC用の収納には、サイドのファスナーからアクセス可能。
WEBと一部直営店のみでの取り扱いです。

寸法:45×30×14cm
容量:26L
17,280円(税込)

前述のモデルよりも小型になった、レディース向けのモデル。
こちらもWEBと一部直営店のみでの取り扱いです。

寸法:38×26×12cm
容量:17L
14,040円(税込)

ロゴが無ければノースフェイスとは分からないほどの、ベーシックなデザインのデイパック。
防水透湿性を持つ3層構造の生地+縫い目のシーリング加工で、高い防水性を備えています。

寸法:46×36×22cm
容量:35L
19,980円(税込)

インディゴ染めをした生地を使用した、パッカブル仕様のデイパック。メインでもサブとしても使えるモデルです。

15,120円(税込)

ノースフェイスのデイパックを代表する人気モデルであるホットショット。2016年のモデルは、過去において一番人気があった2012年度版を復刻したものとなっています。
26Lの容量と15インチ端末対応のスリーブ、丈夫な素材や収納式のウエストベルト等、日常使いで必要な仕様は揃っています。

寸法:51×33×20cm
16,200円(税込)

前述のホットショットと人気を二分してきた、32Lの大容量モデル。こちらも2012年度モデルの復刻モデルです。
ホットショットから容量UPとスリーブが17インチ端末対応となっており、荷物の多い方や大きめモデルが欲しい方にオススメのモデルとなっています。

寸法:55×35×25.5cm
17,280円(税込)

2015AWリリースの新規モデル

ここ数シーズンは姿を見せなかったビッグショットがリニューアルして登場。17インチのノートPCを収納できるスリーブ、高い通気性のショルダーストラップを採用。表面の両サイドには、シューズを収納できる大型のファスナーポケットを配備しています。

50×35×19cm  容量:33L
17,280円(税込)

ダッフルバッグの様に大きく開く構造が特徴の、シンプルなデイパック。15インチのノートPCを収納できるポケットがあります。

50×34×20cm  容量:27L
11,880円(税込)

通勤通学に普段使い、何にでも使える人気の定番リュック

用途を選ばないデイパック。自転車での移動時に便利なボトルポケットとリフレクター付き。
15インチまでのノートPCが入るクッション付きポケットがあります。

50×34.5×22cm 容量:28L
12,420円(税込)

2015AWモデルは前モデルより洗練されたデザインに変更になり、街向けの要素が強くなった印象です。サイズ・容量も増加しています。

息子が通勤用のリュックとして使っています。ポケットも多く使い勝手は良いようです。

1 2 3 4 5





Bunny_Robberさん

雑食です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう