1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ブルブル緊張して上手く話せない…そんな人が心掛けたいこと1つだけ

ここ一番の大事な場面で緊張して、「みじめな思い」をする人がいます。そのタイプの人は、本番で自分のチカラを十分発揮することができず、ずっと「損」をし続けることになります。なので、どこかでこのパターンを断ち切らなければいけません。

更新日: 2014年08月12日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
922 お気に入り 170938 view
お気に入り追加

▼ 緊張して情けなく 「 みじめな思い 」 をする人がいる

フリーズする、声が震える、頭が真っ白になり、パニックになる・・

全員揃って乾杯するものの、「緊張して話に入れない」だけでなく、グラスを持つ手や箸が震えて料理に手をつけることもできません

頭がまっしろになって働かなくなる,言葉がうまく出なくなる,声が震える。自分の考えが思っているように伝わらない。パニックになる

▼ 神経質・真面目・完璧主義・柔軟性に欠けるタイプが多い・

一度不安になると、どんどん緊張が増すのも神経質な人です・

自分で自分を、身動きのとれない状況に追い込んでいるのです

思い出せなかった時は、焦りと不安から、最悪の場合「フリーズ」

「うまく答えよう…でもどう答えたらいいのだろう…」と考えこみ黙ってしまい、「はやく話さなくては!」とさらに緊張してしまう・

柔軟に、また、臨機応変に対応できず、悪い形で暴発してしまう・・

真面目な人・神経質な人・几帳面な人・融通を利かせられない人・短気な人などが出やすいようで、自分が思った通りできない!自分のしていることに不安!臨機応変に対応できない!ことからの「不安」

▼ 「 自分がどう思われるか 」 が気になって仕方がない・・

「 どう思われるか 」 を気にかけることは、無駄である・

面接官は自分をどう見ているかなども心配で仕方がありません

「 人の目を気にして、びくびくと警戒ばかりしている人 」

「​良​く​見​せ​た​い​」​な​ど​と​い​う​思​い​か​ら​、​簡​単​に​動​揺​し​て​し​ま​い​そ​う​

周囲の視線や評価を意識しすぎるあまり、自分の発言や行動は笑われている、人に迷惑をかけていると、思い込んでしまうケースが多い

自分のリソースを ( 同時に ) 二つのことに当てようとしている・

うまく話せないという人は、「話をすること」と「どう思われているかを気にかけること」のふたつを同時に行おうとしてしまっている

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう