1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ゲーセンに行列。いま、高齢者向けビジネスがアツイ

少子高齢化が進む中、これまでのサービスや商品を、シニア向けにリニューアルする企業が増えています。スーパー、ゲーセン、リカちゃん人形…。「そこまでやるのか!」と驚かされる、高齢者向けのサービスを調べてみました。

更新日: 2014年07月19日

86 お気に入り 136144 view
お気に入り追加

「シニア世代」が増える中…

ゲームセンターは今、お年寄りも楽しめる「憩いの場」に

多くのお年寄りが、数時間滞在し、ゲームの途中でお茶を飲んだり、弁当を食べたりして仲間と雑談して過ごすらしい

初心者向けに、クレーンゲームやプリクラなどの遊び方を伝授する無料体験ツアーを開催。

店舗スタッフに「サービス介助士」の取得を推進したりと、様々な取り組みを行っている

出典rkxrk.jp

老眼鏡の貸し出しや、足掛け毛布のレンタルも。

希望者のには「オリジナル血圧手帳」も配布

シルバー世代では、1日3000~4000円使う人も少なくないそうで、中には1万円以上使うツワモノもいる

各社、かなり本気でシニア向けサービスに取り組んでるみたいです

シニア世代は、通常よりメダルが約20%増えるサービス

毎週木曜日に高齢者がメダルを2倍もらえるサービスを始めたり、マッサージチェアを置いたりした店もある

メダルゲームは操作がカンタンで、座って遊び続けられるから受けているよう

時代の変化に合わせてリカちゃんもリニューアル

「孫と遊ぶときに自分の役の人形があるといい」という声があった

「ロイヤルローズ」という花屋&カフェを経営しているオーナーという設定。

東日本大震災をきっかけに家族の絆や人とのつながりを改めて意識するようになったことも発売の理由。

出典1topi.jp

子どもの頃『リカちゃん』で遊んでいたシルバー世代は、若々しく活動的で、孫と積極的に遊ぶという

また、育児を祖父母に協力してもらう夫婦が増えた事も理由の一つ

「孫」との接点は、むしろ強くなっているのかもしれませんね。

他にも、高齢者向けの新たなサービスが好調!

出典qbiz.jp

お惣菜屋パンなどの手軽に食べられる「中食(なかしょく)」は、商品の種類、売り場面積も拡大。

1 2





didelphimorphiaさん



  • 話題の動画をまとめよう