1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

生産性アップ!自分を最適化するために「時間帯」で作業を分ける

自分を最適化するために「時間帯」で作業を分けてみてはいかがでしょうか?集中力を発揮できる「朝」の時間の使い方がポイントになりそうですね。

更新日: 2014年08月18日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1189 お気に入り 88060 view
お気に入り追加

▼ 「 時間帯 」 で作業を分けることは極めて合理的である…

その人に向いた時間の使い方を、自分にとって有利に使うこと

タスクを2時間で分けて、その時間帯にあったタスクを設定する・

時間を 「 箱 」 に見立てて、さらに小さな箱に区切ってみればいい・

時間を箱のように見立てるのがよい。時間は時間帯というさらに小さな箱に区切ることができる。そしてこの箱の単位で生産性が異なる

朝、昼、晩、各食事の前後などもう少し細かく時間帯を区切ってどの時間帯にどういうことをするのが向いているかを考えてみるとよい

▼ 気力が充実している「 朝 」にやりたいタスク ※頭を使う仕事

朝だったら、ブログ( を書くこと )のような「 創造的な作業 」

しんどいことは早めに終わらせて気持ち良く一日を過ごせる流れ

この時間帯にどれだけ作業できるか… で、その一日が決まることに・

朝起きた直後や午前中は、脳がクリーンな状態なので文章を書く、クリエイティブな作業など集中力を求められる作業を中心に行います

活力のある時間帯なので、より難しい問題に取り組むには最適。そして一日の仕事はタスクをこなすごとに徐々に楽なものになっていく

▼ 集中力が低下する「午後」にやりたいタスク ※行動を伴う作業

昼のあとだったら、読書のような 「 受動的作業 」・・

昼から眠たくなって、夕方からネガティブに入る傾向がある・

午後は昼食を食べたことが影響し、集中力が散漫になったり眠くなったりしますので、集中力が低い状態で仕事をやっても非効率的です

集中の質が落ちるのでメール返信などの比較的軽めな作業、ルーチンワーク、運動、打ち合わせなどそれほど根を詰める必要のない作業

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう