1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

Google最初のSNS「Orkut」が9月末サービス終了へ。「Orkut」の歴史10年を振り返る

Googleが2004年に立ち上げたSNS「Orkut」を9月30日に終了すると発表しました。あまり日本に馴染みのない「Orkut」の歴史10年を振り返りました。

更新日: 2014年07月02日

camakiriさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 11801 view
お気に入り追加

Google最初のSNS「Orkut」とは?

orkut(オーカットまたはオルカット)は、Googleが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。 検索エンジン提供会社Googleの社員であるOrkut Büyükköktenにより、2003年に開設され、2004年1月22日に正式オープンした。

Googleの社員であるOrkut Büyükköktenさん

■ 新鮮な招待制、友達のランク付け
当時トルコ出身の若干28歳のオーカット・ブヨコッテンさんはグーグルの20%ルール(社員が自由に創造性を発揮し、自ら実行したい新しい仕事にチャレンジする一種のアンダーグラウンド研究制度、スリーエムや製薬業界では盛ん)を利用してSNSを研究しており、それを形にしたのがOrkutでした。

招待制限定(招待されない限り参加できない制度)や友達の信頼度のランク付けなど非常に新鮮な仕組みでした。

昔のミクシィも招待制でした。

2004年に正式サービス開始。その背景には

2004年にはミクシィ、グリー、エコー(後にゆびとまと合併)、UUME、キヌガサ(元都知事選挙立候補者家入一真さんの立ち上げたサービス)、フレンドマップ、ビジネスマッチングのトモモトなどが立ち上がり、日本も和製SNSの時代に突入しました。

2004年は、ミクシィ・グリーがサービスを開始したSNS時代の黎明期であった

Orkutは、同社従業員が、勤務時間の20%を自由な研究に充てられる「20%プロジェクト」を利用して開発したサービスで、2004年に公開された。

 1カ月後に始まった「Facebook」がユーザーを拡大する一方、Orkutは一時ブラジルでのみ人気を集めた。2011年3月時点では、ブラジルにおけるOrkutユーザーは3270万人でFacebookの3倍だったが、半年後にはFacebookに追い越された。

Facebookより歴史は古い

Facebookの方がメジャーな存在になったのは2012年になってからのことだった。インドでも善戦していて、2010年までは首位の座を保っていた。

現在の状況をいえば、Orkut利用者の50%がブラジル在住だ。また20%をインドからの利用者が占めている。アメリカからの利用者はといえば18%未満ということになっている。

ブラジルでのOrkut人気は根強かった

ブラジルでのorkutの人気の理由を探る

ブラジル人たちは、Orkut上での写真、発言、所属コミュニティなどを、自分を誇示するためのツールとして用いている。プロフィール画像や日記などを通して「自分と言うものを知ってもらうこと」が、Orkutを使うブラジル人の主な目的である。

<ブラジル社会への影響>
インターネット人口の73%がOrkutユーザーである。Orkutは魅力的なコンテンツであり、インターネット人口を増やす力ともなっている。
利用方法も拡大している。就職という面で言えば、例えばあるホームレスの若者はOrkutで様々な調査を行っていたことが注目され、国有銀行への就職を手にした、という有名な事例がある。
一方で弊害も多い。犯罪への利用や誹謗中傷といったトラブルも起こっており、裁判所におけるOrkut関係事例も増えている。

ブラジル社会には、大きな影響を与えていたようだ

最高の盛り上がりは2006年であった

2009年頃からフェイスブックのブラジルやインド進出が始まり、次第におされ気味になります。そして2012年フェイスブックのマーク・ザッカーバーグさんのブラジル訪問をきっかけとしてブラジルで逆転を許します。また2011年グーグルはグーグル+の立ち上げに成功しました。

米Googleは2011年6月28日(現地時間)にGoogle+プロジェクトを発表

「Google+」(グーグルプラスと読む)は、Facebookのような友達のグループ分け機能やグループビデオチャット、フィードリーダー、位置情報付きの投稿が可能なモバイルアプリなどで構成される総合的なソーシャルサービスだ。

米Googleは2014年6月30日(現地時間)、「Orkut」サービスの終了を発表

Orkut担当のエンジニアリングディレクター、パウロ・ゴルガー氏は、Orkutの後、YouTube、Blogger、Google+などのソーシャルなサービスがGoogleに加わり、これらのサービスがOrkutを追い越していったので、Orkutを終了することにしたと説明する。Orkutのチームは今後、Googleの他のソーシャルサービスの改善にフォーカスしていくという。

1





camakiriさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう