1. まとめトップ
  2. カラダ

甘いもの好きに朗報!朝食にデザートを食べたほうが痩せるってホント?

ある研究によると、「朝食に甘いデザートを食べると痩せる」という結果が出たそうです。チョコレートやケーキ、クッキーなど甘いものを朝から食べられたら幸せですね。

更新日: 2014年07月02日

kanamin420さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
559 お気に入り 218474 view
お気に入り追加

デザートが体重を減らす研究結果

イスラエルのテルアビブ大学ウルフセン医学研究所の研究員D・ジャクボウィッツ博士が行った研究によると、カロリー制限の範囲内であれば朝食にデザートを食べると痩せるという結果が表れたそうです。

糖尿病ではない肥満の被験者で炭水化物、タンパク質、デザートたっぷりの朝食を摂取するという実験を行ったところ、減量に成功し、また空腹感に耐えることも少なかったという。

朝食にデザートと低カロリーの食事を組み合わせることで体重を減らすことができるとかいう研究結果が明らかに!

研究方法は?

144人の肥満の男女を対象に1日あたり男性1600キロカロリー、女性1400キロカロリー摂取制限ダイエットを2種類の方法に分けて実施されました。

一方は低糖質で低カロリーの朝食を、一方は高タンパク質かつ高炭水化物で必ずチョコレートやケーキ、クッキーやケーキ等ののデザートを含む朝食を食べました。

カロリー制限もあり、最初の16週間はどちらのグループも平均して約14kg減量しました。

しかし、その後の16週間ではデザート無しグループは約1.5kgリバウンドしてしまいました。一方、デザートありグループはさらに約5.9kgもの減量に成功していたといいます。

どうしてデザートを食べた人は痩せることができたのか?

これは心理的な面が関係していると思われます。これは心理的な面が関係していると思われます。

無理な食事制限によってストレスを感じ、体を痩せにくくしてしまっているのかもしれません。「ストレスはダイエットの大敵」とよく言われる通りになっているのです。

満足な量を食べることができなくても、食事の1番最後にデザートという締めくくりになるものを食べられたことで、頭が満足感を感じてしまい、それ以上の食欲が生まれづらくなっているのです。

注意点

この実験はあくまでもカロリー制限のもとで行われたものです。単純に朝食にデザートを食べたり、痩せるからといって好きなだけ食べたりしてしまうと効果はありません。

しかしながら、“朝だったらスイーツはいくら食べてもいい”ということではありません。
もちろん、食べ過ぎは体にとって良くありませんので注意が必要です。

このダイエット方法はあくまでも適切なカロリーの範囲内に食事量を抑えているからこそ結果が出たものです。したがって、どんなときでも1番最後にデザートを食べれば、その後の食欲を抑えることができたとしても、必ずダイエットに結びつくか?は分かりません。

1





kanamin420さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう