1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

夏の大きな悩み!汗かき・汗臭さを解消する為の生活の過ごし方

汗をかきやすい体質は日常生活の工夫で変えることができる?

更新日: 2014年07月03日

kazooneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
315 お気に入り 77421 view
お気に入り追加

ジメジメと暑くなってくるとどうしても気になる自分の汗臭さ

蒸し暑い日本の夏とは切っても切れない関係なのが汗と臭い。オシャレを楽しみたくても、これが原因で夏が嫌いになってしまう人も多い。

汗臭さが気になりシャワーを浴びるものの、浴室から出るとすぐにまた汗だくになってしまう。

ニオイのある不快な汗が止まらない人は、漢方では心身の不調の表れとしており、精神的な疲労、不摂生による健康不良の場合もある。

汗臭い人は汗をかくのが下手な人?

大量に汗をかく汗かきの体質というのは実はなく、そう思っている人は、汗のかき方が下手な人。

涼しい生活に慣れたり、運動をせずに汗をかかない生活が長くなると、体は汗腺が鈍くなり、なかには休眠する汗腺も出てくる。

体を少し動かすだけでも汗ばむのに、汗腺の数が制限されていると汗腺を求めた汗はベトベト・ドロドロになってしまう。

暑い外とクーラーのきいた部屋の出入りを繰り返さない

暑い場所とエアコンが効いた室内を何度も出入りしていると、汗腺が疲労して体温調節機能が低下し、ネバネバとした汗をかいて体臭につながる。

エアコンで体が冷えきってしまうと次に外に出た時になかなか汗をかかないことがあるが、これは汗腺が休んだ状態になってしまうためで、汗をかくのが下手な体になってしまう。

お風呂は軽くシャワーで済ませない

汗をかくエクリン腺という汗腺は上半身に多く分布しているので、下半身を湯に浸す半身浴で10分以上ゆっくり身体を温める。

6度程度にぬるくしたお風呂につかれば、副交感神経が刺激され、体はリラックスした状態になる。

シャワーで身体を洗い流すだけの人が多いが、これでは汗腺を十分に開かせることができない。

お風呂上がりはすぐに衣服を着ない

タオルで拭いたあと洗面所で蒸発を待ち、汗が蒸発することで体温が下がり、クーラーや扇風機で涼む必要がなくなる。

また、お風呂上がりにもクーラーに当たったり、冷たい飲み物で体を冷やしたくなるが、汗はひくけど、冷えるのは皮膚の表面だけで体の熱はこもってしまう。

夏も体の冷えが大敵だった

体内に余分な水分が多くて体が冷えていると、本能的に体が身を守るために温めようとして水分を排出する機会を待っていて、ちょっとした動きで汗をかくようになっている。

1 2





kazooneさん

読書と映画で感動を日々発見



  • 話題の動画をまとめよう