1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

外反母趾の原因にもなる「開張足」が最近女性にふえている

最近、女性に多い「開張足」。初めて聞くけど、これになると外反母趾など様々な足のトラブルを引き起こす原因になるみたい!

更新日: 2014年07月03日

MOSAKIさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
415 お気に入り 260234 view
お気に入り追加

これから足を出す季節だけど、お手入れは大丈夫?

ミュールやサンダルの季節になったけど、魚の目やタコが足の裏にできていたら、せっかくのオシャレも楽しめない

自己流のケアで悪化させてしまう場合もあり、さらに魚の目やタコが治らない原因は、靴の選び方にあった

魚の目やタコ、かなり多くの女性たちを悩ませているみたい

また、ハイヒールなどをはき続けることによって重心が前に偏り、足裏のアーチがくずれてしまい「開張足」を引き起こしていることも

開張足って一体どんな足のことを言うの?

足の横アーチがつぶれてしまっている状態の足を 開張足と言う

足の甲が横に広がって、平らになってます。。

通常、足の親指の付け根から、小指の付け根までは、横アーチと呼ばれるゆるやかな盛り上がりがあり、少し空間ができている

足のアーチは、子供の頃に裸足で遊んだり運動したりして、自然に出来あがるが、靴が原因でアーチが崩れてしまうことが多い

ハイヒールなどで、横アーチが圧迫され続けて崩れると、アーチが下がって落ち、いわゆる”横アーチの偏平足”状態になる

外反母趾になる原因でもあった

開張足は外反母趾と密接な関係があり、外反母趾が進行することで開張足を引き起こす場合が、圧倒的に多い

一般的に、ハイヒールや足に合わない靴が外反母趾の原因と考えられているが、靴が原因で親指が曲がるのではなく、足が開張足になってしまう事で、親指が曲がってしまう

合わない靴をはく→開張足になる→それが原因で外反母趾になる

足のアーチはバネみたい体にかかる衝撃を分散吸収してくれるが、それがなくなると外反母趾、内反小趾とか足趾の変形や、タコや魚の目ができる原因に

足の筋力が弱い人がなりやすい傾向にある

男性に比べて筋力が弱い女性や、筋力の低下により高齢の人になりやすい傾向がある

原因として、靴の選び方もあるが、“ペタペタ歩き”が一番の原因。ペタペタ歩きは、本来使うべきある筋肉を使わずに歩いてしまい、筋肉が退化する

かかとを擦って歩いたりするのもNG

自分にあった靴と筋力アップが改善の近道

足の形は、大きく分けると3タイプあるそう

「エジプト型」の足に合う靴→つま先がなだらかな曲線を描くタイプ
「ギリシャ型」の足に合う靴→つま先がほっそりした靴やハイヒールもOK
「スクエア型」の足に合う靴→つま先が円いタイプ

自分の足がなにタイプかしっかり分かった上で、自分に合ったシューズを選ぶこと

足の指だけで、タオルを自分の方へ引っ張りギャザーを作るエクササイズ

真っ直ぐに立った姿勢で、つま先立ち状態になり、ゆっくり踵を上げ下げする運動をする。この運動をすることで、後脛骨筋・腓骨筋群の筋力を鍛える

とにかく、つま先の筋肉を鍛えることが重要

1





MOSAKIさん



  • 話題の動画をまとめよう