1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

あの杖を持って歩いている人は何?ノルディック・ウォーキングです

「ノルディック・ウォーキング」をご存じでしょうか?最近、ポール(ストック)を持ってウォーキングをする人達を見かけるようになりましたが、彼らが行っているウォーキングがそれにあたります。

更新日: 2014年08月16日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
60 お気に入り 53496 view
お気に入り追加

▼ 最近よく見かける、「 ポール 」 を持って歩く人達・・・

「 ノルディック・ウォーキング 」 が日本にもやってきた・

ゆっくりと浸透してきたのだが最近になって目立つようになった

スキーのストックのように(ポールを)二本持って歩いている人を見かけますが、普通に歩いたりジョギングするのとどう違いますか?

首都圏だと皇居一周、お台場、井の頭公園等で、ストックを両手に颯爽と歩くノルディックウォーカーを見かけた人がいるかもしれない

フィンランド発祥の 「 ノルディック・ウォーキング 」 というもの

ノルディックウォーキングは、約80年前にクロスカントリースキーチームの夏場のトレーニングとしてフィンランドで始まりました・

フィンランドで始まったとされスキーのストックのような形をした専用ポールを手に持ち上半身の筋肉を使いながら歩くトレーニング法

▼ 手軽な 「 フィットネス・エクササイズ 」 の一種です・・

2本の杖 ( ストック ) を両手に持って歩く方法です・

左右のストックで、交互に地面を押しながら前に進みます

緩やかな山野のフィールドでフィットネス運動を主目的として・・

ヨーロッパの公園などで見かけるストックを持ったウォーキング

ノルディックウォーキングは、2本のポールを使って歩行運動を補助し運動効果をより増強するフィットネスエクササイズの一種である

▼ 誰でも、カンタンに始めることができる ※安全性が高い

滑りやすい地面では、ポールが 「 杖 」 となり非常に安全・

必要な道具は専用ポールだけですので、誰でも手軽に始められます

年齢性別を問わず気軽に楽しめ、エクササイズの効率が非常に良い

自然環境や街中等、日常生活のなかでどこでも出来る利便性がある

ノルディック・ウォーキングは、病気のリハビリ運動にも効果がある

負担が最大40%軽減されたという研究結果が報告されており、足腰に故障を抱える人や心臓病など循環器系の病気のリハビリの運動にも

▼ 「 ノルディック・ウォーキング 」 の色々な優れた特徴…

ポールを持つことにより、歩行姿勢が正され、呼吸も整う・・

首 から 背中にかけての 「 横方向の柔軟性 」 が向上する・

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう