1. まとめトップ

【マニアも知らない】"千と千尋の神隠し"の都市伝説集【ジブリ】

千と千尋がもののけ姫の続編?火垂るの墓の節子?明日誰かに話したくなる、ジブリ作品"千と千尋の神隠し"に関する都市伝説のまとめ。※一部豆知識的なものを含みます。

更新日: 2016年05月16日

watatikiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
947 お気に入り 6020830 view
お気に入り追加

千と千尋の神隠しの隠れモチーフは「風俗!?」

宮崎駿さんは、この映画のインタビューの際に、
「今の世界として描くには何が1番ふさわしいかと言えば、それは風俗産業だと思うんですよ。日本はすべて風俗産業みたいな社会になってるじゃないですか」と答えました。

主人公の千尋は「湯女(ゆな)」として働くことになりますが、「湯女」とは江戸時代に実際に存在したいわゆるソープ嬢のこと。

湯婆婆の油屋(銭湯)には、「回春」という文字があったこともこの諸説を証明しているでしょう。

元は「千とちさとの神隠し」だった?

『紅の豚』のポルコ•ロッソのモデルになった佐伯氏の家族+プロデューサー家族+宮崎駿監督ファミリーの3家族でキャンプに行ったそうです。

そこで、佐伯さんの娘,ちさとちゃんの赤い靴が川に流されてしまい、それをみんなで拾おうとしてみんなずぶ濡れになり、そして大声で笑いあったそうです。

その出来事が響いた宮崎駿監督はそれをきっかけに元気を取り戻し、
そしてちさとちゃんに対する感謝の気持ちから、当初は映画タイトルを『千とちさとの神隠し』としていた。

最初のシーンで既に千尋たちは事故にあって瀕死になっていた!?

劇中前半で車を運転していた父親が突然スピードをあげて
いざなわれる様にふしぎの町の入り口(トンネル)に向かっていくシーンがありますが、
この時に実は事故に遭っているという説が有力。
確かに事故に遭っていておかしくない猛スピードです。

千尋が向こうの世界(ふしぎの町)に着いたとき、
体が透けてなくなりそうになっている。

宮崎監督の車?

アウディA4 2.4クワトロ(先代モデル)

両親が豚になってしまうのは?

劇中で千尋の両親が豚になりますが、なぜ豚なのか?

それは、先ほどの千尋のモデルになった「ちさとちゃん」の父親が紅の豚のモデルになった人だから。

カオナシのモデルとは・・・

モデルは米林宏昌監督

「借りぐらしのアリエッティ」の監督。
鈴木敏夫プロデューサーが明かした。

カオナシの初期構想

カオナシは当初から重要な役割だったわけではなく、
宮崎監督曰く「本当に単なる脇役だった」ものが、
途中で重要なキャラクターに変更されたそう。

ラフ画には"後半の主要人物"と書かれている。


どこかハウルの動く城にも出てきそうなキャラである・・・

カオナシの歌がある!?

宮崎監督が作詞。

◆カオナシの歌「さみしい さみしい」<歌詞>◆
さみしい さみしい 僕ひとりぼっち
ねぇ 振り向いて こっち向いて
食べたい 食べたい 君 たべちゃいたいの
君、かわいいね
きっと寂しくなんかならないんだね

電車に乗ってた人たちはなんで黒くて半透明なの?

黒いのは生きる希望も未来もないから。
途中に駅があるのは自殺を踏みとどまる人が降りるとこ。

電車が行きしかないのもその理由。

1 2 3 4





watatikiさん

ページ訪問ありがとうございます♪
見やすく充実した内容を心掛け、
興味・関心のあるものをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう