1. まとめトップ

子どもに時間をプレゼント…子ども名義の証券口座って開けるの?

昨今、「子どもの証券口座」を開きたいというニーズが高まっています。株主優待の効率的な取得のほか、子どもに対し、「時間」をプレゼントしてあげたようなものになる・との考え方もあります。

更新日: 2014年08月22日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
30 お気に入り 17195 view
お気に入り追加

▼ 「子どもの証券口座」を開きたいというニーズが高まっている

お祝い金・おこずかい等のお金を、子供名義の口座に預けたい・

また、子どもの頃から資産運用の知識を身に着けておけば20歳を過ぎた時にお金の面で苦労が少なくなると考える親も多いようです・

「小学生のうちから株口座を持って経済やビジネスに興味を持ってもらうのは良い事なので子供口座を作りましょう」といったものです

最近では、子どもの教育の一環として、お金とそれにまつわる知識を教えるために、「証券口座」を開設したいという親が増えています。株式投資を知れば、経済の流れや会社の仕組みがわかりますよね

「 優待銘柄 」 を買えば、株主優待を効率よくゲットできるかも・・

最大の目的とメリットはやはり株主優待を沢山ゲットできるから

4人家族が全員口座を持って、同じ優待銘柄を100株保有すれば「100株保有者に1000円分の優待商品」を4人分貰うことができる

▼ 「ネット証券」では、 子どもの口座を開けるようになってきた・・

ネット証券では子供の口座を開設できるところが増えてきています

専業の証券会社では子供用の口座開設が可能なところがあります。マネックス証券、SBI証券(旧イー・トレード証券)、松井証券の3社・

※上記3社以外にも、子ども用の口座開設できる証券会社があるようです。

「 親権者の同意 」 があれば、売買契約の締結が可能 ※売買可能

未成年者でも親権者の同意があれば株の売買契約が認められている

民法上は、未成年者でも 「 親権者の同意 」 があれば 「 売買契約の締結が可能 」 なため、「 親の同意 」 があれば株取引はできます

見方によっては、「 最高のプレゼント 」 になるかもしれません・・

成人するまで10数年あるので、長期的成長を見込める銘柄を選ぶことができれば、配当益やキャピタルゲインという実利も期待できます

大きくなった子どもに 「 時間 」 をプレゼントしてあげたようなものとも言えるので、見方によっては、最高のプレゼントだと言えます

▼ 「 口座開設手続き 」 は、通常の口座開設よりやや煩雑になる・・

まずは、親権者の「同意書」と「続柄を証明する書類」が必要です

子供口座の開設にはたくさんの書類で手続きをしないといけません

ただし、口座開設にはSBI証券と松井証券は 「 親権者も口座開設すること 」 が条件で、口座開設書類のほかに 「 親権者の同意書または申込書 」 が必要だったり、子供と親で 「 別々の印鑑 」 が必要です

▼ ケース#1: 「 マネックス証券 」 未成年口座 ※子ども口座

同意いただく親権者は、当社に口座を開設済みの方に限ります

Photo by Image Source / Digital Vision

(親子)同一印での口座開設はできませんのでご留意ください

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう