1. まとめトップ
  2. カラダ

「かかとブス」は卒業♪安心な食材だけをつかったケア

夏は、どうしてもサンダルがふえちゃう。けど、そうなると気になるのが「かかと」。ケア続けたいけど、お金はできるだけかけたくない・・・。お得・安心な食材だけでケアできるとしたら、いいですよね~♬

更新日: 2014年07月07日

nogutiSunさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
254 お気に入り 31093 view
お気に入り追加

ケアをさぼると、ザンネンなカカトに・・・。
でも、ケアにかかるお金は抑えたいところ。

身近な食材だけでケアできたら、ウレシイかも♬

地面に近い足はホコリにまみれ、水分がどんどん奪われやすい場所

当然、ケアはそのたびにしないといけないけど、何が効果的なのかイマイチよくわからなかったり…。

手作りコスメは、きちんと原料もわかっているので安全、安心。
ローコストなのでたっぷりケアにしっかり使える

迷ったら手作りケアコスメを使ってみるのも手かも!中でも食材をつかったケアには、メリットがたっぷり♬

まずは、角質をゆっくりほぐす

いきなり、かかとをこすったら逆効果みたい。
まずは、ゆっくりほぐしてあげます。

「オートミール」を入れたお湯につけると、かかとの皮膚がやわらかくなる

カップ半分のオートミールを細かく砕いたものを、オイルなどと一緒にお湯に混ぜます。

お湯に「ハチミツ」を入れて足を浸すと、殺菌効果と解毒作用で、かかとの角質のケアや水虫などの予防に役立つ

10分程度、足を浸ければOK~♬

やわらかくなった角質を落とす

皮膚を無理やり削り取ると、角質を傷つけ、余計に分厚くなっちゃうので、やさしくなでるようにこすってあげます。

「黒糖」と「オートミール」、お好みで「はちみつ」を混ぜ、「オリーブオイル」と「レモン汁」を入れペーストに。足によくすりこみ、お湯で洗い流す

黒糖(小さじ2)、オートミール(大さじ2)、はちみつ(小さじ1)、オリーブオイル(小さじ1)。レモン汁(小さじ1)程度の割合で。

「オリーブオイル」と「塩」を小皿などの器に入れて混ぜ合せ、かかとをやさしく、円を描くようにしてこする

オリーブオイル(小さじ1)と塩(小さじ1/2)程度をまぜまぜ。

「重曹」を水に溶いて、コットンをしみ込ませ、かかとパックしたあと、そのコットンでこする

重曹:水を1:9に溶いたものを使います。

負担をかけた分を保湿ケアする

ハチミツや、天然のオイルを塗って寝ると、しっとり浸透して、やわらかなかかとになりますよ◎

お休み前にうすく「ハチミツ」を伸ばして塗る

ハチミツの代わりに「オリーブオイル」や、傷の治癒力も高い「ココナッツオイル」を、うすく塗っても効果的みたい。

夏でも寝る前に「靴下」をはく。綿よりも絹のほうが保湿力が高く、それだけでもスベスベになる

最後に、食べて血行をよくする

足の乾燥は、冷え性からくる「血流の悪さ」も関係しているんだって。

【身体全体を温める食材】
ショウガ、ニンニク、ネギ、ゴボウ、ニンジン、山芋、レンコンなどの根菜類、味噌、しょうゆ、塩など

【血行をよくする食材】
イワシやサバ、アジ、サケ、マグロなどの魚介類

魚介類には血行をよくしたり、血管を丈夫にし、血液を固まりにくくする働きがあるんだって!

朝食の時や、夜に飲むと疲れ、貧血、冷え性に効くそう。

しょう油小さじ1~2杯を湯飲み茶碗に入れ、熱い番茶を注いで飲む。これだけで、疲れ、貧血、冷え性に効く

1





nogutiSunさん

野口です。細々とまとめていきます。



  • 話題の動画をまとめよう