1. まとめトップ
  2. 雑学

アルビノの反対…「メラニズム」な動物がかっこいい

暗黒のボディがイケてる( ゚д゚)

更新日: 2014年07月07日

聖治54さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1234 お気に入り 713197 view
お気に入り追加

美しい漆黒のボディ

よく小動物で「アルビノ」とかで通常より白い個体が売られてたりするけど、どう考えても反対に真っ黒の「メラニズム」のほうがかっこいいな。画像はメラニズムのニワトリ。 pic.twitter.com/oTShFrumrJ

アルビノと対極の存在

アルビノの対極にある真っ黒な動物たちのことを、「メラニズム」、「メラニスティック」などと呼ぶのだそう

メラニズムのペンギン。

皮膚や髪のメラニン色素が、異常に増加して黒くなるんだとか…。原因は遺伝子の突然変異と考えられてる

ギリシャ語で「黒い色素」という意味から名付けられている

黒光りしているヘビ( ゚д゚;)

原因はよくわかっていない

メラニズムは代謝不全の疑いがあり、ひょっとすると肝臓疾患と、何らかの関係があるかもしれないとされている

アルビノ(白化個体)やメラニズム(黒化個体)には遺伝子異常(遺伝子が崩れる)や突然変異(別の遺伝子に変わる)、遺伝の優性、劣性(その種類の生物に元々あるもの)など原因は様々だそうです。

自分自身を黒くすることで外敵からカモフラージュしやすくなる、順応性ではないかという意見も

中には加工されている動物も

超絶クールなブラックライオン。実はこちら、普通のライオンに、色を塗って加工しただけの作品だったことが判明

こちらが加工前。

加工後のライオン。

画像検索すると変なのも混じっている…

アルビノの逆でメラニズムというのがあると知り画像検索したら しげるが混じってた pic.twitter.com/vReKdoPrVc

しげるww

「メラニズム(黒化個体。メラニン色素過剰のため、本来あるはずの色や模様が消えて黒一色になる現象。アルビノの逆)かっこいいなあ」と思って画像検索したら、あるかもしれないと思っていた「彼」の写真がやはり。 pic.twitter.com/uagdteGL4X

メラニズムかっこいいなーって思って画像検索してたら変なの出てきたからGoogleは闇 pic.twitter.com/gw7GEJNXtS

1





聖治54さん

楽しくまとめを作りたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう