1. まとめトップ

ジャンボ宝くじの1等当選確率は雷に撃たれるのと同じ!?

ジャンボ宝くじ発売中!ジャンボ宝くじの1等を当てるのはどれだけ難しいのでしょうか?そんな気になるジャンボ宝くじの確率をあらゆる方面から検証します。

更新日: 2016年07月05日

watatikiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
34 お気に入り 307341 view
お気に入り追加

■日常の色々な確率との比較

当然のことですが、
400回近く回せば大当たりが出るというものではなく、どれだけ回そうと常に同じ確率です。

葉が4枚そろうとTrue Love(真実の愛)を意味します。

航空機に乗って死亡事故に遭遇する確率 0.0009%

世界一安全な乗り物と言われており8200年間毎日無作為に選んだ航空機に乗って一度事故に遭うか遭わないかという確率であるそうです。

ちなみに、稲妻は早すぎて1秒の間に地球に100回も落ちるそうです。一発の落雷で牛が52頭も死んでしまったとか。

1000万本を1ユニットとして販売し、1ユニットの中に1等が1本あります。

従って、1等が当たる確率は1000万分の1です。

こんな天文学的な数字なのに何と5回も隕石に狙われた人なんてのもいるようです。

■明日誰かに話したくなる!?ジャンボ宝くじ当選確率トリビア

年間5700名の人々が不幸にして交通事故で死亡している。
日本の人口は1億2593万人。
これを割り算すると、0.000045。0.000045÷0.0000001=450

縦7センチ×横15センチ。
これを1,000万枚敷き詰めるとこのぐらいの確率だそうです。

東京ドーム2個と4分の1に宝くじを敷き詰めると、その中に1枚だけ1等がある

宝くじの大きさを測ってみよう。縦7センチ×横15センチ。これを1,000万枚敷き詰めたらどうなるか。面積は7×15×10,000,000=105,000平方メートル。これを東京ドームの面積46,755平方メートルで割ってやると、2.25という答えに。東京ドーム2個と4分の1に宝くじを敷き詰めると、その中に1枚だけ1等があるのだ。

日本人のトイレットペーパー消費量は年間およそ50ロール。

宝くじの横の長さは15センチ。これをつなぎ合わせて毎日お尻を拭いたとして、500年間宝くじでお尻を拭き続けると、1等のくじに出会うことができる。

1ロールの長さはシングルの場合60メートル。ここから計算すると、15×10,000,000÷100÷(50×60)=500年。500年間宝くじでお尻を拭き続けると、1等のくじに出会うことができる。

あなたが、宝くじの1等に当る確率は、1等の当選番号が、「11組111111番」になるのと同じ

5キロ入り米袋20袋の中にひと粒だけ1等があるそうです。

自分が北海道にいるとして、北海道の上空から1円玉を落として、頭に当たる確率

ジョーカーが無しで、配られた状態だけでロイヤルストレートフラッシュが来る確率

■みなさんの声

宝くじ当たるのと事故って死ぬ確率っちい同じなんや 自分の場合事故で死んでも宝くじ当たったと思って死ねば 後悔ないな。笑

宝くじで一等が当たる確率は、地球に人類滅亡レベルの隕石が衝突する確率より低い。

……宝くじが当たる確率は……、交通事故に遭う確率より低いらしいわよ? ……人の夢とかいて……、『儚い』……って言うわね。フフ……。

1 2





watatikiさん

ページ訪問ありがとうございます♪
見やすく充実した内容を心掛け、
興味・関心のあるものをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう