1. まとめトップ
  2. 雑学

動物界の天才建築家「ビーバー」の仕事っぷりがすごい!

ビーバーの建築技術って、こんなにすごかったんですね!!

更新日: 2014年07月17日

光ぴかりさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
192 お気に入り 107998 view
お気に入り追加

ビーバーが天才建築家だって知ってましたか?

ビーバーかわいい´◡`

ビーバーはカピバラの次に大きい哺乳類。

ビーバーといえば、水辺の木を切り倒し、川にダムを築くことで有名。

ビーバーは、来る日も来る日も太い木を歯でかじり倒し、土木工事を行ってます。

実は、ビーバーの建築技術は、並々ならぬものがある。木材、泥、砂を使って、そんじょそこらの川なら簡単にせき止めてしまう

出典suumo.jp

これとかも…ビーバーがせき止めちゃった。

カナダのビーバーが作るダムの平均的な大きさは、長さ10~100メートルで、ごくまれに500メートルのダムを作る場合があるという

これまでの世界記録は、米モンタナ州スリーフォークスにあるダムで、長さ652メートル。

何故、ダムをつくるの?

出典ameblo.jp

ビーバーのダム作りは、持って生まれた本能的な行動で、教わらなくても自然にできるようになると言われている。

ビーバーがつくるのは、水をせき止めるダムだけではない。大きな池ができたら、中央に木を山ほど積み上げて家をつくる

この巣は実によくできており、巣の出入り口は水中。これによってオオカミやクマなどの天敵が巣に入り込む余地はゼロ

また、ビーバーは冬も冬眠することなく活動するため、水の底まで凍ってしまうことは防がねばならない。それでダムをつくり、池や川の水面を高くしている

コレがビーバーのお家。

ちなみに、ビーバーは毎年、1頭~5頭の子供を産む。その子共がダムや巣の作り方や手入れを学び、親もとで2年過ごしたら、自分のダムや巣を作るという

出典ameblo.jp

しかし…なかなか簡単にできないということで、親もとに戻り、また1年、巣やダムの作り方を再び学ぶビーバーもいるという。

人間もビーバーダムに助けられてた…!

実はダムにより、川が小さな湖となることで、水鳥がすめるようになり、渡り鳥が羽を休めにやってくるようになる

たくさんの水草が育ち、さまざまな生物でにぎわいます。

2011年にアメリカ・ワシントン州ではビーバーダムが決壊し大洪水が発生。再び大洪水が起きないように、人間がわざわざダムを壊していたりもする

壊すことで、修復しにビーバーがすぐ来る。

また同年、アルバータ州で『 源油のパイプライン破断事故 』が発生。しかしその後の調査から環境当局者は「ビーバーが作ったダムにより、被害が拡大せずに済んだ」 と公表

原油流出事故が起きたが、ビーバーが作ったダムが被害拡大の食い止めに一役買っていた。

ビーバーのダムが決壊して洪水ってビーバーのダムなめてたわ

ビーバーの名前の響きが大好きでたまにググったりするんだけど、あいつらの作ったダムでカナダの原油パイプラインの破断事故の被害が食いとめられたこともあるらしくすげーなービーバーって思っているよ。

1





光ぴかりさん

ジャンルは結構幅ひろいかも。。気になったことを随時まとめてます!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう