1. まとめトップ
  2. おもしろ

下着まで点検!ウィンブルドンの服装ルールが厳しすぎる

テニスの服装ってそんなに厳しかったんですね。それにしても下着までチェックするとか。。

更新日: 2014年07月15日

mana美さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
72 お気に入り 350029 view
お気に入り追加

ぜーんぶ白じゃなきゃダメ!

世界最古のテニス大会、ウィンブルドン選手権が、選手の服装や靴の色を白に限定するよう定めたルールの厳格化を発表した

昨年できたガイドラインで、服と下着は白と決められ、色の付いたものはヘッドバンドなどのアクセサリーしか認められていない

女性選手のスコートから覗くカラフルなショーツやアンダースコートは、今後見られなくなりそうだ、と嘆く人も

おいおい、どこ見とんのやw

Photo by Jupiterimages / Goodshoot

青い下着を取り替えるように言われた男子選手や、色のついたブラを取り替えるように言われた女子選手がいたと報道されている

女子選手は替えを持っていなかったため、ノーブラで出場したとも (*'д`*)

めげずにファッションを楽しむ選手たち

筋肉ムキムキだけどwきっと心は乙女なはず!

スポーティーさのなかにもトレンドがキラリ☆

生地もかなりこだわってるカンジ。背中の空き具合にグッとくる

ちなみに↑の選手はこんなジャケットも着こなしてる。いちおう白一色なのでOKらしい…

49年大会で、米国のグッシー・モランがスカートの下にフリルつき下着をはき、主催者側の怒りを買ったが、観衆はじめファンは大喜び

85年には、米国のアン・ホワイトが、首から足首まで全身を包むレオタードで登場し、観客の度肝を抜いた

やばい、実際にみたら笑っちゃいそうw名前もホワイトとなんとも奇遇

そして07年、仏のタチアナ・ゴロビンが白いスコートの下にはいていたものが"赤かった"ことで久々にウインブルドンがざわついた

このときは、ショーツではなくアンダースコートと見なされたため違反にはならず

観客にもドレスコードが存在する

テニスの四大国際大会のうちで最も古いウィンブルドンは、スポーツの祭典であると同時に、社交界最大のイベントの1つでもある

ウィンブルドンの会員には、服装のガイドラインのパンフレットが配布されるらしい

親子そろってwウィンブルドン愛がハンパない

1





mana美さん

美は一日にしてならず。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう