1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

「SIMロック解除」“義務化”で盛り上がる メリットとデメリットとは?

海外では当たり前!SIMロック解除端末。端末も、通信事業者のSIMカードも自分で選んで使う事が出来ます!日本も、来年辺から開始されるかもしれない「SIMロック解除」について、メリット・デメリットをまとめました。

更新日: 2014年11月25日

--trip--さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
135 お気に入り 471778 view
お気に入り追加

SIMロックとは??

特定の通信事業者(キャリア)のカードしか利用できないようにかけられている制限のこと。

携帯電話の中には、SIMと呼ばれる小型のICチップ入っている。
SIMをスマートフォンなどに挿入することで、はじめて通話や通信が利用できるようになる。

全ての端末には購入時、既に、契約会社以外のsimカードが認識出来ない様になっています。

契約会社以外のsimカードを差し込んでも、使う事は出来ません。

私たちが通信キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で契約をして端末を購入する場合、その通信業者のSIMカードしか認識しないように端末に細工がしてあります。

例えば、ドコモで購入したiPhoneにソフトバンクモバイルのSIMを挿入しても、ドコモのSIMロックがかかっているため通信はできない。

「SIMロック」解除の義務化

総務省は14日、SIMロックの解除を義務づける方針を正式に決め、具体的なルール作りに向けた本格的な検討に入る事になります。

携帯電話会社が販売したスマホなどの端末を他社回線で使えないように制限する「SIMロック」も解除させる。

携帯各社に「SIMロック」の解除を義務づけることを盛り込んだ案を正式に決定します。

「simロック」解除はいつから開始?

具体的なルール作りに向けた本格的な検討に入り、年内をめどに内容をまとめる方針です。

「SIMロック」解除でユーザーにメリットは?

「SIMロック」解除が制度化されれば、各キャリアのSIMカードを差し替えて端末を使い分ける、といった使い方が可能。

各社のサービスが向上したり、料金の値下げを検討したりと競争が進むことが期待できるというわけです!

現在は、MVNOと呼ばれる安価で魅力的な料金プランを提供する事業者が、SIMロックフリー端末向けにSIMカードを提供し始めてきています。「毎月、通信料金を安価に抑えたい」という人には最適です。

「SIMロック」解除でユーザーにデメリットはない?

携帯キャリアは端末の販売価格を上げて利益を確保する方向に動く可能性もあります。

推測ですが、「SIMロック」や「2年縛り」現行の携帯電話業界のビジネスモデルを大きく動かすことは間違いなく、私たちユーザーにも何らかの影響。

「月々割」などといった端末代が実質無料となるプランなども廃止され、結果的にあまり変化が無かった……なんてことになるかもしれません。

1 2





世界の神秘的な絶景、気になった情報等をまとめています。

https://www.facebook.com/0RajaBajakLaut0

https://twitter.com/trip_888

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう