1. まとめトップ
  2. ガールズ

キャサリン妃のルール「3色の法則」をマスターするとオシャレになる!

とってもオシャレなキャサリン妃。なかなか真似しようとしても上手くいかないことがありますが、キャサリン妃のファッションの規則や掟を知っていると実は上品でオシャレなスタイルになるんです。ۤ

更新日: 2015年11月10日

1629 お気に入り 471967 view
お気に入り追加

◆飾らない上品さが美しいキャサリン妃

母となった今でも輝きが消えないキャサリン妃は女性の憧れ

シンプルでエレガントといえば……英国のキャサリン妃。

上品で美しく、そしてエレガント。それなのにキュートな笑顔や立ち振る舞いが本当に可愛らしくて素敵です。

キャサリン妃のファッション・スナップをたっぷり見ていたら、あなたもプリンセス・ファッションに挑戦したくなったのではないでしょうか。ファッションが大好きで賢い彼女のスタイルには、明快な傾向があります。

なぜ、あんなにも、彼女のファッションスタイルは世界を魅了するのか?それにはある法則が!

▼基本の「3色の法則」

着こなしが難しそうな色物のアイテムでもキャサリン妃は上品でオシャレ

彼女のように嫌みのない上品なスタイル、それは、日本人にはあまり馴染みのない「ある感覚」がスタンダードとなっているのです。

キャサリン妃のスナップ写真を見てみてくださいな。洋服、小物、靴に至るまで合計で3色までしか使用していません。

ここが日本人の「加える・重ねる」ファッション感覚と異なる部分。彼女のような無駄のないまとまった上品スタイルをマネするには「色の消去法」を使えば良いのです。

目に留まるブルーのワンピースを着ているキャサリン妃ですが、ジャケットと靴の色を合わせているので色が綺麗に収まっています

カジュアルな日も公式な日も、3色ないしは2色構成でコーディネートしていることにお気づきでしょうか。

ギンガムチェックのシャツ一色
ブレザーとパンツの同色で一色
ボタンとウェッジソール部分で一色
合計3色までが鉄則

バッグと靴の色を同じにしてみたり、ドレスと指輪の色を重ねてみたり、ワンピースのシンプルさを引き立てるような小物使いもしていらっしゃいます。

フェミニンスタイルでもどんな時でもやっぱり3色までが基本。柄物のワンピースでも派手すぎずシンプルでオシャレなのはこの法則があるからなんですね

バッグとシューズを同じ色にするのがポイント。こういった色合いのフォーマルな装いでもとてもしっくり決まっていますね

ベースの色を基本として3色までに色を抑えています。クラッチバッグはコートのボタンと同色、ショートブーツはコートと似た色合いを選んでいますね

ショッキングパープルのコートを着ているエリザベス女王。とても派手な色ですが帽子やバッグ、靴は全てコートのボタンと襟の色に合わせています。

▼「3色まで」がとてもバランスがいい

真っ赤なブレザーにドット柄のインナーを着ても素敵に見えるのは基本色を中心として他の色を使いすぎないから。

1つ1つのアイテムは可愛いのに、いざ着てみるとコーディネートがバラバラで、全体がごちゃごちゃした印象になってしまうことはありませんか?

どんな洋服でも3色以内に抑えることでバランスのとれたコーディネイトが誰でも簡単にできます。

オシャレな人は色使いが上手。キャサリン妃はもちろん世界中のファッショニスタは色の差し引きを計算しています

なぜ3色なのか。それは4色以上になると色の合わせが急に難しくなり、ちぐはぐな印象になる可能性が高くなってしまうからです。

▼今日のベースカラーを最初に一色決める

今日はサーモンピンクのコートを着たい。という場合ペールピンク系のワンピースを合わせて、バッグと靴もワンピースと色を合わせてみる。

まず最初に本日の主役カラーを決定し、そこからスタイルを考えると簡単にシンプルスタイルを構想し易くなりますね。

1つのコーディネートに、無意識のうちにたくさんの小物や色をまぜがちな私たち。それをどうにかこうにか消去法で3色までに落ち着かせることが、シンプルコーディネートの第一歩になるのです。

1





気になることをまとめていきます!

メール
hatarakoh@yahoo.co.jp
ツイッター
https://twitter.com/hatarakita9nai


まとめ参加者(0)



  • 話題の動画をまとめよう