1. まとめトップ
  2. ガールズ

夏のお手本!おしゃれセレブの「ストローハット/帽子」コーデ(レディーズ)

強い日差しから守ってくれるストローハット(麦藁帽子)や夏用の帽子。せっかく取り入れるならオシャレにしたいですよね。海外セレブたちも色々な種類の帽子を素敵に被っているんです。うまく帽子の着こなしやコーデができないなぁという人は参考にしてみてくださいね。ۤ

更新日: 2015年07月04日

426 お気に入り 99334 view
お気に入り追加

◆夏は帽子を上手に取り入れたい

ストローハット(麦わら帽子)を被ると何だか夏気分を味わえる気がしませんか?日差しを遮れるし、きっと夏気分も味わえるはず!

夏に欠かせないアイテムの一つがハット。
夏フェスに被るのもいいし普段使いとしても重宝しますよね。今回はセレブたちのオシャレなコーデをまとめました

▼帽子率高い!クロエ・モレッツ

お兄ちゃんと写るクロエ・モレッツ。帽子を被ったスタイルがけっこう多いクロエはトータルバランスがいい。
オールホワイトコーデにストローハットを合わせてナチュラルさをプラス

カジュアルスタイルも素敵なクロエ。シンプルな白シャツに黒のクロップドをあわせシャツでカジュアルに。
これだけじゃ物足りない感じも帽子がアクセントになっていますね

▼サロペットが素敵なサラ・ミシェル・ゲラー

綺麗なスモークグリーンのオーバーオールに白タンクという組み合わせ。そこに色味をあわせた小ぶりのハットを被れば大人カッコイイスタイルに

▼上品系もリゾート系もありなミランダ・カー

ミランダ・カーは黒のトップスにブルーのレオパード柄パンツを合わせて辛口コーデ。そこにスクエアの高くツバが広めのハットを合わせると優しい雰囲気に早変わり!

リゾート系ママな着こなしもオシャレです。マキシスカートに合わせたグレーのトップスに、横に束ねた編みこみを上手く使って帽子を上手に被っています

▼着こなし上手なアレッサンドラ・アンブロジオ

夏のフェスにもリゾートにも出かけられそうなオシャレなスタイルで登場したのはモデルのアレッサンドラ・アンブロジオ。ゆったりとした着こなしなのでここはヒールではなくぺたんこ靴が正解!

クリーム系の王道派なストローハットもいいですが、遊び心とアクセントを付けたいならカラフルなタイプもおすすめです。その場合は服の色味は抑え気味に。
そしてポイントはバッグとハットの色を合わせるところ!

大人系カジュアルモードな時はダークな色を選んでみるのもよさそう。黒のトップスとハットがカラフルなボトムスとのバランスを取っていますね

▼柄物も着こなすオリビア・パレルモ

難しそうな柄物のシャツやショートパンツも上手に着こなしちゃうのはさすがオリビア。ハットも目深にして斜めに被り、無造作ヘアを綺麗に見せるのがポイント

▼大人可愛いエマ・ストーン

綺麗系スモーキーワンピースに黒のジェケットをあわせてフェミニンししつつ、リュックとハットでちょっとガーリーさも取り入れた大人可愛い着こなしです

▼キュートでガーリーなテイラー・スウィフト

テイラー・スウィフトは小さめの帽子をちょこんと頭に乗せるタイプがお好み。秋冬はニットキャップも多いテイラーですが、こういうタイプも似合いますね。

ポイントはソックスと靴を帽子の色と合わせるところ!

▼注目のオシャレさんエリザベス・オルセン

実はとってもオシャレさんなのが双子のオルセン姉妹の妹、エリザベス・オルセン。
黒のTシャツにデニムショートパンツというシンプルなコーデにヴィンテージカラーのハットを合わせてアクセントに

思いっきり遊びたい!そんな時はエリザベスのこのスタイルを真似してみたい。帽子をあえて被らずに後ろに流して無造作ヘアにバンダナをプラス。

▼個性派カーラ・デルヴィーニュ

キャップやニット帽が多いカーラはあまりこういった帽子を被らないのですが、それでも似合うからさすがです。
ペールブルーのサロペットにディープブルーのハットを合わせて夏フェススタイル

▼いつでもかっこいいケイト・モス

ハットがよく似合う人と言えばケイト・モス。白と黒、そしてグレーの3色を使ってかっこよく。ジャケットを脱いでインナーの白になっても素敵にきまりそうですね!

▼かっこいいモデル、ダイアン・クルーガー

大人の女性もトライしたい素敵なリゾートスタイルを見せてくれたのがダイアン・クルーガー。
綺麗な色のマキシスカートと夏らしいハットが黒のトップスの格好良さとマッチしていて素敵です

1





気になることをまとめていきます!

メール
hatarakoh@yahoo.co.jp
ツイッター
https://twitter.com/hatarakita9nai


まとめ参加者(0)



  • 話題の動画をまとめよう