1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「犯人はアニメ好き」の報道に、ネットでは批判が殺到してる。。

倉敷の女児監禁事件の報道で「犯人がアニメ好き」にクローズアップしたものが多すぎるとネットで話題になっています。どうして、こういった報道が多いのでしょうか…。

更新日: 2014年07月22日

heychoooさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
107 お気に入り 367561 view
お気に入り追加

「犯人は、アニメが好きで孤立してた」

容疑者を昔からよく知る男性(46)は「アニメが好きで、地域や友だちから孤立していた」と普段の様子について明かした。

容疑者の部屋は、窓がない作りになっていて、美少女アニメのポスターが壁一面に貼ってあったという。

ネット上では、こういった報道が「印象操作」だと反対する声が

頭、悪いなあ〜。そう思います。俺こういう単純な図式で犯人を語るのはもう辞めた方がいいと思います。何か、アニオタ=怪しい、犯罪予備軍みたいな印象を喚起しようとしてませんか?そんな単純ですかね?違うと思いますよ。俺、嫌いです、こういうの。 pic.twitter.com/smmRn9z00X

何でテレビ局は「アニメ好きは犯罪者」みたいな印象操作するのにアニメ放送したりするんですか?????

「犯罪者はアニメ好き」 「アニメは日本の誇るべき文化!クールジャパン!」 を融合させてみましょう

倉敷の女の子が保護された部屋にアニメのポスターが貼ってあったって報道を見て、うちの小3が「これは関係ない。テレビで言う必要ない。アニメ好きな人がみんな悪いことすると思われるのはおかしい」って的確なこと言ったから将来国政を任せたいと思ってる。

どうして、マスコミはこういった報道をしがちなのか…

宮崎勤以降オタクイコール犯罪者に成ったよな。

宮崎勤以降、キモヲタ=犯罪者、ってイメージが定着しちまってるからな。本当は犯罪者の中にキモヲタがいた、ってだけなんだが。因果関係を反転させるのはマスゴミの常套手段。

まぁアニメオタクが犯罪者のレッテル貼りみたいなのは80〜90年代のまだ本当にオタクが社会に出てない時代に起きた宮崎勤事件の影響が根底にあると思う。あの時からオタクは気持ち悪い!みたいな偏向報道あったし。ワイドショーの人間の人事が変わらない限りはずっとこの調子でしょ

・宮崎勤(みやざき・つとむ)とは…
1989年に、4歳から7歳までの幼い女児達を誘拐し、殺害したとして逮捕された容疑者。
自分の性欲と、自己顕示欲のために、女児を殺害し、さらに遺族の感情を逆撫でする行動をとるなど、残虐極まりないものだった。
一連の事件は、通称「宮崎勤事件」と呼ばれる。

逮捕された宮崎勤は、2008年6月17日、東京拘置所で死刑が執行された

(写真)公開された容疑者の部屋

実際には、アニメに限らず、あらゆるジャンルの雑誌やビデオが並んでいたが…

(写真)事件当時の新聞記事

「友はアニメ」「付き合い避け無口」など、
今回の報道と同じような表現が見られる

【当時の新聞記事】
「二十六歳の男性が、アニメなどの世界に浸りきっている異常さ。それを見逃している家族の精神的きずなの崩壊」

この事件により、「有害コミック騒動」が活発化し、アニメ・漫画・ゲームなどが人間に悪影響を及ぼすという風潮が高まり、マスコミやPTAなどでの議論となった。

最近でも、事件の犯人とアニメを結びつける報道は続く

帰宅途中の小学校1年生の女子児童が誘拐の後に殺害・遺棄された、誘拐殺人事件

当時36歳の男性が逮捕
2013年2月21日、大阪拘置所で死刑が執行

弁護士が、アダルトアニメを高校生のときに見たことが性格を歪ませた原因だと逮捕直後に語ったが、強制わいせつを初めてしたのは14歳のときであり、矛盾がある

新聞のコラム欄では、アニメ等の二次元の少女しか愛せないオタクや、秋葉原系フィギュアマニアが、事件の犯人像として登場

テレビで、事件とオタク趣味を関連づけるような内容の特集が組まれる。

しかし逮捕後に、犯人はフィギュアやアダルト系同人誌を所持していないことが判明

犯人が、小児性愛者であったことは分かっていますが、それがアニメによる影響なのかは不明

帰宅途中の女子児童がペルー人によって強制猥褻のうえ殺害された事件

1 2





heychoooさん

気になることを色々まとめてみる。



  • 話題の動画をまとめよう