1. まとめトップ
  2. カラダ

夏のお肌に注意?!汗で体がかゆくなる原因と5つ対策

夏になると、汗をかくことで痒みに悩まされることが多い時期。そのまま掻き続けると肌荒れやあせも、又は湿疹の原因になることも。どのような対策が必要なのでしょうか?

更新日: 2014年07月23日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
388 お気に入り 398397 view
お気に入り追加

●夏になると、汗の影響でかゆくなる?

Photo by Stockbyte / Stockbyte

夏になるときまって体がかゆくなったり、湿疹ができてしまったりしてはいませんか?

夏は肌の露出が多く、紫外線や汗などで皮膚への負担が大きい季節。皮膚炎の悪化や、かゆみの増強も気になるところです。

汗は発汗後そのままの状態に放っておくと、皮膚にかゆみを生じさせます。

●汗をかくと体が痒く(かゆく)なる原因

・皮膚上の菌のバランスが崩れるため

汗をかいて皮脂が肌に付くと時間とともにその皮脂は空気に触れて酸化します。

簡単に言うと、汗はアルカリ性なので、皮膚もアルカリ性に傾いて、皮膚上の菌のバランスが崩れます。

肌は基本的に弱酸性です。それか崩れると肌にかゆみを感じたり刺激になるのです。

・汗によって体から水分が蒸発するため

汗という水分が体から蒸発するとき、同時に肌の中の水分も蒸発しています。特に夏は気温が高いので、水分の蒸発が激しくなっています。

その結果、肌が敏感になり、ピリピリとした刺激やかゆみが生じてしまいます。

また、汗は関係ありませんが、室内にいてクーラーを浴びていても、肌は乾燥しやすくなっています。夏は意外と乾燥の季節なのです。

・発汗により、じんましんやあせもの原因になることも

発汗によりじんましんを生じることも。さらに、汗は細菌繁殖の温床となり"あせも"の原因にも。

刺激物の進入→かゆい!→かく→肌のバリア機能が壊れる→刺激物が進入する→ますますかゆくなる→かく・・・という風になり、余計に肌を傷つけてしまうのです。

●知っておきたい汗のかゆみ対策

1.柔らかい生地のタオルやハンカチで汗をやさしく取り除く

汗をかいたときは、コットン生地の柔らかいタオル(ハンカチ)を使い、お肌をこすらず汗を吸い取るようなイメージで取り除きましょう

汗でかぶれやすい人はできるだけ早く汗を吸い取るか拭き取るかをして、皮膚を清潔にすることが得策と考えられます。

・汗ふきシートは肌に問題がないか確認する

市販の汗ふきシートを使う場合にはまず、狭い範囲で使ってみて、肌に問題がないかどうか確認しましょう。

市販の汗ふきシートのなかには、美容液などのうるおい成分が含まれているタイプもあります。

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう