1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

お礼のフレーズで大活躍!「尽力」の正しい意味と使い方

ビジネスシーンで多く用いられる、使い勝手のよい「尽力」という言葉。特に相手へのお礼の手紙・メールのフレーズで活躍し、「努力」のかわりに用いると文章全体が引き締まる言葉です。ここでは、その「尽力」の意味と使い方の例を見ていきたいと思います。

更新日: 2016年02月12日

springspringさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
182 お気に入り 446388 view
お気に入り追加

-ニュースの見出しによく使われる「尽力」

-で、この「尽力」ってどんな意味なの?

《「尽力」の意味》
・漢字の通り「力を尽くす」という意味

-そんな「尽力」はビジネスシーンでもよく用いられる

目上(上司)の人に使っても失礼にあたらない

相手への敬意が高い言葉なので失礼になりません。むしろ「努力」という言葉を多用する人は「尽力」という言葉を用いるようにするといいかもしれません。

特に相手へのお礼の手紙・メールのフレーズで活躍する「尽力」。相手に対して使う際は「ご尽力」とする。

▼「尽力」を相手に対して使う際の例文

「ご尽力いただきありがとうございます」

相手が力の限り努力したことを敬って言う表現。例えばここで「努力」という言葉を用いると、やや上から目線な印象になる。

「ご尽力をいただき心から感謝申し上げます」

上の表現の丁寧な言い回し。

「ご尽力賜り、感謝申し上げます」

「賜る」を用いると、さらに相手への敬意が高くなる。メール・手紙文などで。

「ご尽力の賜物と深く感謝いたします」

「これもひとえに皆様方の並々ならぬご尽力の賜物と深く感謝いたします」など。ややかための表現なので、メール・手紙文などフォーマルなシーンで。

▼「尽力」を自分について使う際の例文

自分の行為に対しては「ご」はつけない。

-「尽力」という言葉を使う際の注意点

尽力を尽くすって日本語的におかしいよね・・・(笑

-「尽力」と同じ意味を持つ言葉(同義語・類義語)

・全力を尽くす

・お骨折り

「お骨折り」は尽力よりも相手への敬意が高くなるが、あまり使われない表現。

使いこなせばメール・手紙文の表現の幅も広がります。

1







  • 話題の動画をまとめよう