1. まとめトップ
  2. カラダ

脳は主語が理解できない

Photo by Comstock Images / Stockbyte

底知れない神秘と可能性のある脳ですが、実は1つ弱点があります。それは「主語を理解できない事」

感情を操っている「古い脳」では主語が理解できないので、新しい脳から送られてくる情報を主語抜きで理解します。

なので、人の悪口などを言ったりしても脳が「誰が~」という認識が出来ないので、脳はそれを自分自信を悪く言ってるように判断してしまうのです。

そしてストレスが脳を老化させる

Photo by James Woodson / Digital Vision

ストレスのために大脳がイライラ感や不快感を覚えると、脳の視床下部が刺激され、最終的にコルチゾールが分泌されます。

コルチゾールは、記憶を受け持つ脳の海馬部分を傷つけます。

ストレスで脳が傷めつけられた末に発症すると考えられるうつ病患者も、コルチゾールの濃度は高くなっています。ストレスは脳の老化につながります。

悪口は認知症のリスクを高める

フィンランドの脳神経学者トルパネン博士とその研究チームは、平均年齢71歳の1,449人にある調査を行いました。

ひとりひとりに普段どれくらいゴシップを流したり、人を批判したり、意地悪な態度をとっているかの質問をしました。

その結果、ゴシップが大好きな人はそうではない人に比べると認知症になる危険性が3倍も高いことがわかったのです。

それでも悪口を言いたい時は

Photo by Image Source / Photodisc

言わないと、自分の中に悪いものがたまりそうに……。そんなときは、スッキリすることを目的に話すといいそうです。

そしてスッキリしたら”聞いてくれてありがとう”と感謝の気持ちを伝えること。

周囲を不安にさせるようなものではなく、軽く楽しむ程度にしておくのがベターですね。

1





escape33さん

気になった情報をまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう