1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

閲覧注意!長野で大量発生してる「蛾」が自然災害レベルでヤバイ

夏になると増える虫。特に照明に集まる蛾などは、薄着になる季節だけにちょっとご勘弁して欲しい存在でもあります。そんなあまりありがたくない蛾が、今長野県内で大量発生しているとツイッター上で話題になっています。

更新日: 2014年07月23日

00mashimashiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
56 お気に入り 231853 view
お気に入り追加

夏は大好きだけど虫は勘弁って言う人も多いのでは?

長野県のホームページでも注意喚起されている「マイマイガ」。今県内を中心に大量発生しているという。

そんな夏ですが、現在長野県長野市では大量の「蛾」が発生し恐ろしいことになっているという

このため長野市のHPでも「マイマイガに注意しましょう!」と、注意を呼びかけている

数年に一度のペースで大量発生する「マイマイガ」

みなさんは、ドクガ科に分類されるガの1種「マイマイガ」をご存じだろうか?

数年に一度のペースで大量発生しているマイマイガ。特に幼虫は毒を持っているほか、葉などの食害で「害虫」に指定されている。

北海道や岩手、長野、岐阜、滋賀、和歌山など各地で、数年に一度のペースで大発生するマイマイガ

繁殖力が旺盛で、多くの植物の葉を食する為、「害虫」としての不動の地位を築いている

幼虫(毛虫)は山林の落葉樹やりんごなどの果樹のほか、街路樹や家庭の庭木・草花の葉に食害を与えます。

マイマイガが成虫となって飛ぶのは年に一度だけ。毎年7月に発生し、7~10日ほど生きるという

【閲覧注意】まさにオーマイ蛾?これはマジでヤバイっぽい

長野市民じゃない奴マイマイガごときでびびんなやみたいなこといってっけど今の長野マジでこれだからな pic.twitter.com/b0kH72UZ8M

ウワアアアうちの地元でマイマイガが大発生してるらしいいいいいいいいきもいいいいいいいいい pic.twitter.com/BxDOeAiQvO

RT @SM09513: 【閲覧注意】 本日の信越本線篠ノ井駅構内の電柱にはマイマイガが大量発生していました。 pic.twitter.com/Z64PVt1g5P

【閲覧注意】いつの間にか黒い電柱が白く塗り替えられてた。マイマイガさんの仕事が早い。 pic.twitter.com/IMDhtFkEHp

大量発生の原因は未だ不明

顔だけ見るとちょっと可愛いマイマイガだけど、さすがに大量発生されたら気持ち悪い?

マイマイガは年1回の発生であり、卵の状態で越冬し、一カ所に塊になって産み付けられるという

卵は4月中旬から孵化し、その後、若齢幼虫が風にのって分散するという。

平成25年度は県内各地でマイマイガの発生が多く、越冬卵数も多かったため本年度の発生も増加したようです

昨年も大量発生していたマイマイガ。一度大量発生すると3年ほど続くという。

また、概ね10年周期で大量発生し、終息までには3年程度かかると言われていることから、大量発生した後の数年間は、特に注意が必要になります

富山県森林研究所・松浦崇遠主任研究員
「大発生の要因は分かっていない」

気持ち悪いだけじゃない!様々な害を持つマイマイガ

今年も多くの炎症患者を出したマイマイガの幼虫。幼虫は吐いた糸にぶら下がり風に乗って飛び、外に乾した洗濯物に付着することがあるため、注意が必要だという。

マイマイガはドクガ科の昆虫であるが、ドクガ科にありながら成虫には毒はないという

しかしふ化幼虫には毒毛があり、直接触れると炎症を起こしてしまう

触れるとアレルギーを起こして2~3日炎症を起こしてヒリヒリと痛みを感じる人もいる。

幼虫に触れた場合、流水で充分洗い流し、皮膚炎が起こってしまった際には、市販されている薬品でも痒みや炎症を軽減することができますが、症状が強い場合は病院を受診しましょう

1 2





ワンワン!



  • 話題の動画をまとめよう