1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

知らなきゃ損?!夏にコバエを効果的に駆除する5つの対策

夏場は害虫に悩まされる時期。特に台所ではコバエがぶんぶん飛んでいることもよくあります。コバエを駆除するにはどのような対策が必要なのでしょうか?

更新日: 2014年07月26日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
402 お気に入り 334802 view
お気に入り追加

●夏はコバエが増える時期?

気がつくと台所でプ~ンと小バエが飛んでいたり、風呂場の壁にチョウバエが止まっていたりしませんか。

梅雨や夏など湿気の多い時期になると生ゴミも腐りやすくなり、悪臭のもとになったり、小バエの発生源になることもあります。

台所や部屋の中をコバエがぶんぶん飛び回っているのはあんまり愉快な光景ではありません。

・コバエとは?

正式名称は、ショウジョウバエ。このほかにもキノコバエやクチキバエなどがいます。

ショウジョウバエは体長約2mm、世界中に分布します。雌成虫は羽化後3~4日目で産卵をはじめ、発酵した腐植物質や生ゴミなどに産み付けます。

・卵や幼虫は人の目に触れず、突然発生したように見える

卵から成虫まで約10日間で、一般家庭でも生ゴミを放置しておくと、すぐにどこからか集まってきて産卵し、あっという間に発生することがあります。

卵や幼虫は飛び回ることがなく人の目に触れないため、ある日突然、成虫が大量発生したように感じて、突如発生したように見えるんです

●コバエの発生源

・生ゴミやゴミ箱に付いた生ごみのカスがある場所

置きっぱなしの生ゴミや、ゴミ箱にへばり付いた生ゴミのカスなどに卵を産みつけます。

ゴミ箱の中身の生ごみのにおいに引きつけられてコバエはやってきます。生ごみだけじゃなくて、洗っていない食べ終わった弁当やトレーにも反応してやってきます。

・台所の三角コーナーやお風呂の排水口などの汚れた水があるところ

台所の三角コーナーやネット、お風呂の排水口はコバエには絶好の巣になります。

コバエがブンブン状態の人の台所の流しには、たいてい三角コーナーに生ゴミが放置されてます。

コバエは基本的に汚れた水に集る習性をもっています。つまり、コバエが発生している、ということは、現時点で不衛生な環境であることが言えます。

・シンクに放置された洗い物や常温保存の食材など

シンクに放置された洗い物や、常温保存の食材、調味料等もコバエを呼び寄せやすい

また、コバエ類は食品のニオイや、建物の灯り、熱などにも引き寄せられて飛んできます。

ちなみに、一般にコバエの代表種とされている、キイロショウジョウバエは、腐敗した果物や野菜を好むそうで、特に酢のニオイに誘引されることがわかっているのだとか。

●知っておきたいコバエ対策

1.コバエの侵入を防ぐ

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう