1. まとめトップ

[怖いポケモン都市伝説]なぞのばしょ・ギラティナ考察を徹底検証してみた。

ポケモンで一番怖い話と言えば、ポケモンバグ技・ポケットモンスター ダイヤモンド&パールで有名なバグ[謎のばしょ]。ある意味アルセウスをゲットできると一世を風靡し、脱出できないバグやデマで大騒動。シェイミやギラティナなどの都市伝説を生み出しました。が本当にあの なぞのばしょ はそんな所なのでしょうか。

更新日: 2015年10月11日

45 お気に入り 471378 view
お気に入り追加

なぞのばしょ 徹底検証。 一体どこに通じているのかを徹底検証してみた。

なぞのばしょ。スタッフの遊び心とも言われたこの謎の場所を徹底追及してみる。そもそも、この謎のばしょは不明な点が多数存在していた。
・BGMがおかしい
・専用マップになぜいけるのか。
・ギラティナのいる場所までの道のり。
・なぞのばしょ という名前。
などである。この4つの謎についてまずは考えていきたい。

なぞのばしょ の事前知識。

なぞのばしょとは、ニンテンドーDS用ゲーム「ポケットモンスターダイヤモンド・パール」で登場しないはずだった地名である。 ... その際、マップが配置されていない空間を移動しているときに表示される現在地名が「なぞのばしょ」である。

マップが配置されていないとされている空間に何故か表記が起きるという事であるが、これは一種のバグなのであろうか?もしかすると何かしらの関連イベントを作ろうとしたのでは・・・?

もともとはあの有名な「けつばん」と同じく、ゲーム上で使われていない座標に与えられた便宜上の名前であると思われる。
そのため本来はユーザの目には触れないはずだったのだが、「四天王の部屋のドアの前で波乗りをすると突き抜ける」というバグ(通称「波乗りバグ」)が発見され、本来なら行けないはずの座標にも自由に行く事ができるようになってしまった。その際、マップが配置されていない空間を移動しているときに表示される現在地名が「なぞのばしょ」である。

波乗りをすると突き抜けるという事だが、もしかしたらマップ上の原因があったのかもしれない・・・。

この話が都市伝説まで昇華したのはこの波乗りバグが最初に花畑へ。そしてそのまま戻りの洞窟へ行くことが一番の原因である。つまりどういう事かと言うと、死ぬ前の花畑。そして黄泉への道の前の戻りの洞窟という場所が如何にも死を連想させるのである。
しかし、このなぞのばしょ。元々マップの位置配置は全て整っている為一度全体図を見ると、マップ上の配置では絶対に戻りのどうくつへと移動するしかない・・・そう、もどりのどうくつは。

注:上記の通り、「なぞのばしょ」内でセーブする、あるいは「たんけんセット」を使用すると詰み状態、最悪セーブデータを消去するハメになる恐れがあります。
「なぞのばしょ」に入るだけならその後リセットすれば(たぶん)大丈夫ですが、試す場合は自己責任で!

勿論ゲームでも行うことは出来るが、セーブをしてしまうと戻れない様になってしまうので、注意が必要である。
もどりの洞窟で戻れるというのも少し皮肉な気もするのだが。

とりあえず なぞのばしょ という名前に注目してみる。

なぞのばしょ はポケモンの初代のバグでけつばんという名前の通りの便箋上の名前だったのだろうか。
なぞ という言葉がポケモンで使われているのか、まずは検証する。なぞ というキーワードがポケモンに出ているかでこの言葉がデバッグで使われている頻度に影響するからだ。
とりあえず、 なぞ という言葉が使われているか確認すると

・なぞのたまご
・なぞのすいしょう
・ナゾの実
・ナゾノクサ[笑]

という風に謎という言葉が多用されているというという事は[なぞのばしょ]という言葉もデバッグルームとして使用されていた可能性があるとも言える。
が、わざわざなぞのばしょというネーミングをデバッグで使用するのだろうか。
もしかしたら没になった何かなのでは・・・?

今度は なぞのばしょ という名称に疑問が出てきた。 その名称を入れた意味があるのだろうか。

ただ、なぜデバッグまで起こしているのに なぞのばしょ という名称を使用することになったのか。その違和感に気付くだろうか。そう、名称が意味を持っている事である。
初代が けつばん という名称でなんの違和感も持たない理由がミュウの存在である。
ポケモンは元々販売前にミュウのデータをこっそり入れて販売したという都市伝説が有る。しかもデータの解析上、何かしら容量の空きの埋めるための名前=けつばん という名称を入れることになったと明らかになった。確かに名称は欠番という名前があれば開発陣としても納得する。

複数空いていれば欠番でその分の空きが把握できる。
が、謎の場所はあまり把握しにくい。謎の場所という膨大な空間は一体どこを埋めるためのものだったのか。
大きい場所や一括で入手した情報を貯める場所として使うなら分かる。
が、そんな場所を一体何に使ったのか。また、何故使わないものを残したのか・・・・。

もし空き容量とする場合、欠番やステージ等の名前を使うべきである。

もし、なぞのばしょが開発の名称だった場合、場所が2つあれば面倒なのだ。
開発は全て○○2・3という分かりやすい名称に固定するはずである。または????等。
なぞのばしょ 2 とか なぞのばしょソノオタウン と言われてもソートが難しいし、6文字を選別に使うのはよろしくない。
前述したとおり、ポケモンの場合名称は全て?????で統一され、名称そのものが存在しない。
というか名称があること自体珍しい。
もし公式がバグと言い、バグでその場所に行きつくのであれば、名称自体がおかしくなるはずなのである。つまり なぞのばしょ という単語が事前に登録されてあり、それが何かしらイベントを含んでいたと言えるのである。[又は没イベント・イベントを作る前に削除された等。]
そして、それは何かの手段で行ける場所だった。つまり一部のデバッグルームを先に歩かされていたのである。

話がそれるが、初代を上げるとアネデパミという名称はどうやっても普通の名称でつけて出る様な名前では無い。 

アネデパミという伝説ポケモンが!!

と公式が言い出ても公式が病気wwwと言われてるのがオチだろう。このアネデパミというのは初代のポケモンのデータ内の190から151を引いたデータ内を無理やり名称として呼び出した産物なのである。意味を持つ単語はけつばんという空白のメッセージか、没シナリオの会話等である。
それ故にに意味を持つ単語が出てきている以上、没データか、没ステージの可能性がある。
また、数値を後ろにつけるタイプの名称ではない為違和感が出るのだ。

名称に意味があると捉えて、【なぞのばしょ】は何処につながるものだったのか。

謎の場所という事は実装時に何かを入れる予定だったものと捉えると間違いなく3つの内のどれかになる
・シェイミの花畑
・ダークライのしんげつじま
・クレセリアのまんげつしま
この3つがなにかしら関連性があるのだろうか。
また、アルセウスはマップの関係上行く事は出来ない。という事はアルセウスがマップ上で行ける為の仮の場所だったのかという説もあるが、それでも少しおかしいことになる。
なので、ここはこの3つのばしょの説で一旦考えたい。

なぞのばしょ は とあるイベントで使用される没マップなのではないのだろうか。という説

ではまず、このなぞの場所がホラーや都市伝説という枠をいったん外して、イベント用の没イベントとして整理したものとして考えてみる。
このなぞの場所を歩いてみると
・ソノオのはなばたけ
・なぞのばしょ
・テレビコトブキ
・なぞのばしょ
・探検セット?かなにか地下に関連するBGM
・もどりのどうくつ
 という順番で行く事が出来た。この行動を1つのイベントセットとして配慮し、物語を検証することにする。

まず、行き先を確認しよう。
ソノオの花畑はソノオタウンいわば東の場所に連れ去られれる。
そして次に戻りの洞窟。これはそのまま北に向かうとそこらへんの場所に着く。
つまり、戻りの洞窟に行くのはマップ上問題は無いが、ソノオの花畑はどうしても矛盾が起きてしまうのだ。

さてこの地図を見ていただきたい。
ポケモンリーグから、何故かソノオタウンまで行ってしまい、コトブキへと戻る。そして戻りの洞窟とはっきり言っておかしい挙動を示している。
単なるバグかと思ったのだが、これを意図したものと前項の名称の通りで行くとイベント発生への手がかりとなるはずだ。

この順番はフィールドの座標的に言うと、めちゃくちゃであるのが分かる。
しかし、イベント順でバグや多少の問題を取り払うとソノオの花畑と戻りの洞窟[ギラティナ]は関連性が存在した。それは映画で言われていたグラデシアの花がソノオの花畑で入手できる事である。なぜ荒れ果てた土地にわざわざ感謝を述べる必要性があったのだろうか。ポケモンが現れない・・・そして来ない丘――いや待ってほしい。ポケモンが現れないのはれっきとした理由があったはずだ。その前にすべての事項を確認しておこう。

証言1 その花をくれる店員さんのメッセージ。

むかしからね このあたりではね
ありがとう って きもちを
つたえるときに グラシデアのはなを
ブーケにして あげていたの
なんだか いい はなし でしょう!
だって グラシデアのはなを つかえば
ことばに ださなくても
ありがとう って きもちを
つたえられるのって すてきよね

ソノオタウンには、「グラシデアのはな」が多く咲く

この情報から推測するに、石狩市の花ハマナスかもしれない。
花言葉は 「照り映える容色」「見映えの良さ」「香り豊か」「美しい悲しみ」。
感謝の言葉ではないのだが、ブーケにして送るという言葉もあると通り、正解なのかもしれない。

この土地がグラシデアの関連性のある場所だと判断できる一文。
また、ブーケとして上げていたというのは一体誰にだろうか。感謝にも様々な方法があるが、死にに行く人の手向けにも使われることもあるかもしれない。

証言 その2 荒れ果てた土地。 ある時、ふと誰かが・・・?

ポケモンも こない あれはてた
おか だった ソノオタウン

その けしきに むねをいためた
みんなが いくら はなを うえても
そだつことは なかったの……

でも あるとき だれかが ふと
ありがとうの きもちを つたえると
はなが さきみだれたのよ

荒れはてた土地はいったいなぜなのか。反骨精神が生み出した戦いの後なのか何なのかは定かではないが、

証言 その3 ソノオの花は一体何なのか。ここでちょっとした雑学を。

ここで問題なのは、もどりのどうくつ と ソノオのはなばたけ は一体何の関係があるのか。
そこで、ソノオタウンの現実的な位置調べ何の花が咲いているのか、県花は何なのかを探ってみた。結果はハマナス [浜梨]というピンクのグラシデアの花に近いものだったのである。

グラシデアの花畑
第11作「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」の舞台となった土地。モデルはノルウェーのベルゲン、ヨステダール氷河、ソグネ・フィヨルド、フロムなど。位置は不明。

1 2





【主な内容】都市伝説や思い込みにハマって約6ヶ月、最近艦これも始めました。
運営サイトは今までまとめた検証などをまとめてます。
よろしければどうぞ。
目標達成したのでのんびり更新中。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう