1. まとめトップ
  2. カラダ

意外と見られてる「背中ニキビ」を治す5つの方法

実は悩んでいる人が多い背中ニキビ。背中ニキビの原因から家でできるケア・治療法をまとめました。

更新日: 2014年10月01日

rii8saさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
128 お気に入り 59775 view
お気に入り追加

あなたの背中キレイですか?

背中を見せる機会の多くなる夏場や、
結婚式やパーティなどでドレスを着る機会など、
意外に見られている背中。

背中ニキビができる原因は?

背中が乾燥して、角質が厚くなって、ターンオーバーがうまくなされずに、背中にニキビができるケースがあります。

一番問題なのは、シャンプーやリンスの洗い残しが背中の毛穴に残ってしまうことです。

太陽からの紫外線を浴びるといったように、外部から何らかの刺激や乾燥が引き起こされると、背中ニキビができてしまいます。

寝ている間、私たちは、コップ1杯分の汗をかきます。それが寝具に染み込んでいます。
朝、起きて、不用心だからと言って、カーテンを開けずに、1日中そのままにしておくと、寝具にはさまざまな菌が繁殖してしまいます。
そういう寝具で寝ていると、背中にニキビができやすくなります。

不規則な生活や睡眠不足、食生活の乱れなどが要因となっています。

それでは、背中ニキビを治す対策法

■ 1:保湿をする

手が届かないからとケアされない場所ですが、しっかり保湿してあげることが大切です。
過剰に分泌される皮脂は肌の乾燥が原因の場合もあります。

■ 2:シャンプー・リンスをしっかり洗い流す

シャンプーをしてから、顔や体を洗うようにするのも大事。

シャンプー・リンスの仕方です。髪を後ろに垂らした状態でしている方は、できるだけ顔を前に倒して髪を前から垂らした状態で洗い、すすぎをします。シャンプーの泡もリンスを含んだ髪も、かたや背中にかからなければ、毛穴に残留するリスクはぐっと軽減されます。

■ 3:寝具や下着を衛生的に保つ

想像以上に汚いのが寝具。

布団やベッドのマットレスなどは、丸洗いが難しいので不衛生になりがちですが、近頃は布団やマットに吹きかけるタイプの除菌剤も販売されていますので、こういった便利な製品を活用し、清潔を保つようにしましょう。

吸収性の高いコットン素材の下着を着用されることで清潔さを保つことができ背中ニキビ予防につながります。

■ 4:生活習慣を整える

睡眠に入る時刻がバラバラだと体は混乱しますので、ターンオバーのリズムをやはり乱してしまいます。また古い角質がはがれにくくなり、毛穴の詰まりの原囚になります。

規則正しい生活を心がけて、睡眠時間を多めに取ることが大切です。

■ 5:バランスのいい食事をとる

ビタミンAやビタミンCを多く含む食品をバランス良く摂取してください。そして、タンパク質やミネラル、カルシウムといった栄養素をバランス良く食べることが大切です。

1





rii8saさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう