1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

たった2分で飲み頃に!?常温のビールやジュースを素早く冷やす5つの方法

ムシムシと暑い夏や、冬の暖かい部屋でキンキンに冷えたビールやジュースを飲むのはたまりません。しかし、これから飲もうという時に、うっかり冷やし忘れていたということは誰にでもあるものです。そこで、買ってきたばかりのものをスグに飲みたいときにも使える、缶ドリンク類を急速に冷やす便利な方法をご紹介します。

更新日: 2016年07月17日

ilabjpnさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
763 お気に入り 446700 view
お気に入り追加

ムシムシと暑い夏や、冬の暖かい部屋でキンキンに冷えたビールやジュースを飲むのはたまりません。しかし、これから飲もうという時に、うっかり冷やし忘れていたということは誰にでもあるものです。そこで、買ってきたばかりのものをスグに飲みたいときにも使える、缶ドリンク類を急速に冷やす便利な方法をご紹介します。

◆ 冷蔵庫や冷凍庫で冷やすと・・・

ビールやジュースが最も飲み頃なのは6~8℃の間です。夏場はやや低めに、冬場はやや高めになります

冷蔵庫で冷やしてみると、8度を下回るまで約4時間。冷凍庫では30分ほどで約8度まで冷えます

スグに飲みたいときは冷蔵庫や冷凍庫にいれても、冷えるまで待つのは大変。そんな時でも大丈夫。技を使えば素早く冷やすことができます

■ 濡れたキッチンペーパーを巻いて冷蔵庫に入れる

台所にあるキッチンペーパーを用意します。なければタオルでもOKです。それをまんべんなく濡らします

ビールやジュースの缶に巻き付け、冷凍庫に入れ、10分ほどたったら取り出します

これは、冷凍庫で冷えるのと同時に、キッチンペーパーが水分蒸発をして、その気化熱で冷えるという仕組みです

■ ブロックアイスに入れて回転させる

適当な大きさの器に氷を詰めて、その上でドリンク類を回転させます。回転時間は3分です

接触する二つの物体に温度差がある場合、熱いものは冷たくなり、冷たいものは暖かくなろうとします。これにより、温度の高いドリンク類が氷の温度に近づき、結果冷やされるというわけです

また、缶を回すことにより、ドリンク類の熱であたたまった氷が分散され、氷の冷たさが素早く缶に伝わります

■ 塩を加えた氷水につける

氷水の中につけて置いて冷やすという方法もよく用いられています。このとき塩を少し加えるとよく冷えます

氷水に塩を入れることにより、氷水の融点が下がります。氷の中心部は-10℃くらいの温度なので、塩を入れることで氷水は-10℃くらいまで下がっていきます

また、固体から液体へ、つまり氷から水へと溶解が進む時には、周りの水から熱を消費します。これによりさらに温度が低下するというわけです

■ 冷蔵庫も冷凍庫も氷も無いとき

もし、冷蔵庫も冷凍庫も氷もない場合は、濡れた布を缶に巻いて扇風機にあてます

扇風機をつかって乾いた空気を送ることで、水分の気化が促進され、気化熱によって缶が冷えます

■ 60秒でワイルドに冷やす

動画サイトYouTubeに投稿されていた動画「たった60秒でビールを冷やす方法」。ただしコレ、かなりワイルド、かつ少々危険を伴う方法なので、マネする際にはくれぐれもご注意を

「缶を氷の中でくるくる回すと早く冷える」というライフハック、その作業を超ハイパー化したものです

◆ 凍らせてしまうのはNG

1 2







  • 話題の動画をまとめよう