1. まとめトップ
  2. 雑学

『隔世遺伝』・・・親に似てないところがあるけど、ひょっとして・・・

隔世遺伝とは両親ではなく、祖父母から受け継がれるものです。親が二重で自分が一重だった場合、ひょっとしたら祖父母からの遺伝の可能性もありますね。。良いものだけを受け継ぎたいものですね。。

更新日: 2014年07月29日

taiyo-7188さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
222 お気に入り 228898 view
お気に入り追加

◆隔世遺伝

隔世遺伝とは両親にはそのその遺伝的要素が現れていなくてもその子供に祖父母の遺伝子が発現する事をいいます

隔世遺伝とは劣性遺伝によるものであって、優性遺伝なら親の遺伝形質がそのまま子供に現れます

◆優性遺伝子 劣勢遺伝

対立している遺伝子があると、どちらか強い方の形質が子どもに受け継がれてしまう。 この強く現れる遺伝子の形質を優性遺伝子といい、隠れてしまった方を劣勢遺伝子という。

よく誤解されているのですが、優れているから優性というわけではありません。また劣っているから劣性というわけでもありません

遺伝子の組み合わせがAとaで構成されるとき、組み合わせた結果はAAかAaかaaになります。aはAに対して劣性、Aはaに対して優性、といいます

子孫には異なる遺伝子が組み合わさって新しい遺伝子が作られるのですが、この時に遺伝しやすい物が現れたのが優性遺伝。遺伝しにくい物が現れたのが劣勢遺伝

肌の色では黒が優性、白が劣性。髪の毛は天パー、黒髪が優性、ストレート、金髪が劣性です

「劣性」は,遺伝してはいるのですが,対立する「優性」遺伝子による形質に隠されて,子供の代にはその形質が現れずにいます。遺伝はしているので孫の代になって形質が現れることがあります。この現象を「隔世遺伝」と言っているようです

◆頭皮

ハゲの遺伝子というのは優性遺伝(強い遺伝子)なので子供もハゲになりやすいという考え方

祖父から父親を飛び越して孫に遺伝しているわけではなく、父親にも遺伝しているが、その症状が父親では表面化しなかったと考えるのが一般的

旦那両親共に髪はフサフサなんですが、旦那は若干薄いです。父方の祖父がはげてたみたいです

◆くせ毛

くせ毛は遺伝体質です。両親が直毛でもその何代か前にくせ毛の人がいた場合に出てくることが有ります

両親からの遺伝の場合は優性遺伝で、両親にくせ毛がない場合は、その何世代前からの隔世遺伝となり、かなり強い縮毛として現れる場合が多い

◆身長

身長は遺伝も関連することは医学的にも言われていますが父母よりも祖父母、つまり隔世遺伝による影響の方が強いと言われているよう

実際私の父親は、身長が180cmあるのですが、私は身長が170cmしかありません。それは祖父が身長170cmほどしかなく隔世遺伝による影響もあったと考えられます

遺伝の身長への影響は2~3割と云われているので様々な要因があると考えると興味深い

◆二重瞼

おじいちゃんかおばあちゃんが二重の場合、またはおじさん、おばさんなどが二重の場合も、両親がそうでなくても、その子供に隔世遺伝することもあります

1 2





taiyo-7188さん

生活の中でのためになる話、美容、健康などについてまとめていきたいと思ってます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう