1. まとめトップ
  2. カラダ

満腹なのに体重減!?食べるほど痩せる「マイナスカロリーダイエット」

「食べれば太る」というのは常識ですが、世の中には「食べるほど痩せる」食品があるのをご存知でしょうか。そういった食品を利用すれば、満腹感を減らすこと無くダイエットが可能です。そこで、食事の量を減らすダイエットは苦手という方にもおすすめな「マイナスカロリーダイエット」をご紹介します。

更新日: 2016年06月18日

ilabjpnさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6988 お気に入り 1603287 view
お気に入り追加

「食べれば太る」というのは常識ですが、世の中には「食べるほど痩せる」食品があるのをご存知でしょうか。そういった食品を利用すれば、満腹感を減らすこと無くダイエットが可能です。そこで、食事の量を減らすダイエットは苦手という方にもおすすめな「マイナスカロリーダイエット」をご紹介します。

◆ マイナスカロリーダイエットとは

食品自体に含まれるカロリーよりも、その食品を消化するために必要なカロリーの方が大きい食品を、食べる事により行うダイエット方法です

食べ物の持つカロリーより、それを消化するカロリーの方が大きければ、当然、身体に蓄積された脂肪が燃やされることになります

マイナスカロリーダイエットに用いられる食品は、食べれば食べるほど痩せる食品と言われていて、この様な特性を持つ食品を、マイナスカロリー食品と言います

身近にある主なマイナスカロリー食品をご紹介します。

■ りんご

りんご自体のカロリーよりもりんごを消化・吸収する為に、必要なカロリーの方が上回るため、食べても痩せる食材といえます

りんごダイエットが一時期流行りましたが、実は優れたダイエット方法だったのです

■ 海藻

わかめや昆布といった海藻類は、低カロリーでありながら消化・吸収のためにカロリーを要するため、マイナスカロリー食品だと考えられています

糖質の吸収をゆるやかにし、余分なコレステロールを身体から出す食物繊維が多いのも理由のひとつでしょう

■ 唐辛子

唐辛子も、カロリー自体は低いのですが、カプサイシンが体内の脂肪を燃やしやすくしてくれます

脂肪燃焼効果がありますので、運動をする1時間前に食べるとより効果的に脂肪が燃焼します

■ ウーロン茶

ウーロン茶は、水に比べてエネルギーの消費が高いことが分かっています

ウーロン茶を1杯飲むと、40キロカロリー程度のエネルギー消費が増大していることになります。体の脂肪は1gで約7キロカロリーのエネルギーを持っているので、1日1杯のウーロン茶で約6gの体脂肪が減少することになります

40キロカロリーを消費するには、急ぎ足7分もしくは階段昇降10分もしくは縄跳び7分もしくは草むしり15分の運動が必要です

■ セロリ

セロリ1本は5カロリー。でも、そのセロリを消化するために必要なカロリーは50カロリーにもなります

セロリの効能を最大限に保つには生食、または調理時間を短くすることが大事です。食事をするときにサラダ感覚で食べるといいでしょう

1 2







  • 話題の動画をまとめよう