1. まとめトップ
  2. カラダ

知らないと瘦せられない!お刺身のカロリー集「ダイエット」

日本人がよく食べるお刺身のカロリーや効能についてまとめてみました。

更新日: 2015年12月25日

742 お気に入り 694033 view
お気に入り追加

※刺身は一切れが大体、10グラム前後です

ハマチ

養殖物は天然物に比べ、脂が多く、身が白っぽいのが特徴。できるだけ天然を選びたいですね!

ハマチは栄養価やカロリーが高いため、食べ過ぎるとエネルギーの過剰摂取となってしまう。栄養素も豊富と言えるが、摂り過ぎは注意が必要になる。

鰹のたたき

鰹は良質のタンパク質や鉄分が豊富で、脂肪が少ないのでダイエットに適しています。

◆ 女性の強い味方
  ビタミンDは骨盤や子宮の発達を助け、生理の正常化にも欠かせません。
その上、鉄分も豊富。貧血予防にも効果があります。

しめ鯖

しめ鯖は血液サラサラ、疲労回復、肝臓のを高める等、健康の栄養成分をたくさん含んでいます。

二日酔いや悪酔いの原因となるアセトアルデヒドを減らす働きもあります。

たばこを吸う人、お酒を飲む人にはぴったり

マグロ(赤身)

マグロの栄養は部位により違います。 赤身は高タンパク、低脂肪でダイエットに適しています。

良質たんぱく質をはじめ、動脈硬化を予防するEPAや脳の活性化に役立つDHAが豊富に含まれているほか、抗酸化ビタミンのひとつ、ビタミンEも多く含まれています。

イカ

高タンパク、低脂肪、低カロリーな食材ですが。コレステロールが高いので食べ過ぎに注意!

コレステロールは内臓脂肪として沈着し、動脈硬化などの原因となる成分であり、この点が以前は問題視されていましたが、近年イカには多く含まれるタウリンがコレステロールを減らす働きを持つことがわかり、こうした不安も解消しています。

タコ

タコはタウリンが多く含まれる、心筋梗塞や動脈硬化の予防に効果がある健康食材です。

タコのタンパク質の量はイカよりやや多い程度ながら、良質で高栄養・低カロリーな食材です。


加えて脂質・糖質の代謝にすぐれたビタミンB2も、他の魚の2~5倍と大変豊富に含まれています。

祝いの席で活躍する魚。
表面赤で身は白で縁起が良いし、立場はマグロより上だと思います。

栄養価の高いたんばく質を含み、消化吸収がいいので子どもやお年寄り、病中・病後によい食品です

タウリン=血中コレステロールの抑制と肝作用の強化、ナイアシン=脳神経の働きを助け、血行をよくする、カリウム=塩分を対外に運ぶも多く含む。

甘エビ

白身魚や貝類の低カロリーを抑えての、スーパー低カロリー!健康と美容に良い食材です!

甘えびにはアミノ酸がたっぷり含まれています。そのうちの3割を占めるグリシン、アルギニン、プロリン、リジンの4つのアミノ酸はお肌の水分・油分・弾力を保つために必要なコラーゲンの主原料になります

サーモン

サーモンには「オメガ3脂肪酸」が
たくさん含まれてるんです。

なのでサーモンはダイエットにとって
大きな味方になります。

サケに含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は血中のコレステロールを抑えて血液の流れを良くし、動脈硬化や血栓、高血圧を予防します。

1 2 3





ヴォイテクさん

気になったことを色々まとめていこうとおもいます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう