1. まとめトップ
  2. 雑学

なんで!?暑い時に売れる意外なモノ

夏になると正露丸が売れる!?暑くなると売上がアップする意外なモノの理由とは?

更新日: 2014年07月31日

haru-tomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
24 お気に入り 30461 view
お気に入り追加

■暑くなると「正露丸」が売れる!?

日中の気温が23℃を超えると、「正露丸」の売れ行きが良くなるとのこと、1℃上がる毎に、売り上げが5%上がるそうです

・その理由とは?

熱中症の予防のために水分を取りすぎることによって胃腸にダメージを与えて下痢を引き起こしたり、冷たい飲み物や食べ物による身体の冷えやストレス性の下痢、熱帯夜をしのごうとクーラーや扇風機をつけて就寝したりするなど、夏ならではの生活習慣

熱中症予防に「冷房」使用は仕方ないとして、その涼しい部屋の中で、更に、冷えた麦茶を氷入りで、という方、(もしくは、冷えたビール?)実は多いのです

冷たいものを体に入れると、胃腸は悲鳴を上げて、キュ~っと収縮します。
そのストレスで、胃腸と脳は相互に信号を送り合い、その信号による指令で胃や十二指腸といった上部消化管は動きが鈍くなり、結腸といった下部消化管は過剰に動き、結果として口から入った食物がしっかり消化されることなく、下痢として排泄されてしまう

また、夏休みは旅行シーズンでもあり、旅先での暴飲暴食、気候の変化や慣れない環境でのストレスなどが下痢の症状が誘発されることも

■加湿機能付の空気清浄機

エアコンに一日当たっていると乾燥しやすいという理由から加湿機能を求めている人が少なくない

・エアコンを使い続けるとかなり乾燥する

エアコンで室内を冷やしていると、その部屋の中の湿気や水分をドンドン外に排出しているのです

大きなビルの冷房や、家庭でもずっと閉め切った部屋の冷房はどんどん乾燥が進み、時には20%以下になっていることもあります

■使い捨てカイロ

カイロは冬の商品だろう、というのがこれまでの常識。しかし「夏にカイロが売れている」という事例を聞きました

・やっぱり理由は「冷房」

夏場冷房が効き出す頃から売れ始める。OLの夏場の必需品です

カイロは、冷房がきつい場所で、腰やお腹に貼ると身体が冷え切ってしまうのを防いでくれ、外など暑い場所に出るときは、さっと簡単に取り外すことができる点が便利

・同じ使い方で「腹巻き」も効果的

同様に腹巻をバッグに忍ばせておくのもひとつの手です。オフィスで働く女性なら、職場に着いたら、腹巻を身につけて、帰るときには取って、バッグにしまうこともできます

取り外しの手間がカイロよりもかかってしまいますが、女性にとって大切な腰からお腹まわりを温めてくれる効果があります

1 2





haru-tomoさん

気になった事をまとめていくよ!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう